close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

これって正解?料理のハテナ

これって正解? 料理のハテナ

余熱で火を通すってどういうこと?

加熱調理をやめたあと、そのまましばらくおき、温まった材料の熱を利用してさらに火を通すこと。ステーキや煮もの、蒸しものなどによく用いられる調理法のひとつ。

ステーキを焼いた後、アルミホイルで包んで余熱で火を通す

例えばステーキの場合は、牛肉の両面を焼き、火を止めたらすぐにアルミホイルの光沢のある面の上にステーキをのせ、四辺を折りたたんで包み、そのまましばらくおいて火を通すことが多い。こうして肉の熱を逃さずにホイルの中でゆっくりと火を通すことで、肉の中心までしっかりと温まり、肉汁が落ち着く。

SHARE

余熱で火を通すとよいレシピはこちら!

これって正解? 料理のハテナ

SHARE

記事検索

SPECIAL TOPICS

オレンジページ 2/2号

最新号

2021年1月16日発売

詳細・購入はこちら

バックナンバー

Fujisan.co.jp 雑誌のオンライン書店で定期購読をする


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

オレンジページメンバーズ限定

応募期間 
1/12(火)~1/25(月)

オレンジページメンバーズ限定プレゼント

食材からレシピを探す