レシピをさがす

  1. HOME
  2. 料理のきほん ~台所仕事 まずはココから~
  3. 「弱火」、「中火」、「強火」、火加減の見分け方って?
台所仕事まずはココから 料理のきほん
これって正解? 料理のハテナ

「弱火」、「中火」、「強火」、火加減の見分け方って?

調理時間の短い炒めものを失敗なく、上手に作るために重要となるのが火加減。フライパンに当たる火の様子で火加減を判断する方法を覚えておくと調整がしやすい。

ガスコンロの弱火

弱火

コンロの炎が、フライパンの底にようやく届くか届かないか、くらいの火加減。炎がまっすぐに立ち上がり、フライパンの中心部だけを熱している状態。主に、炒めものの最初に、しょうがやにんにくなどの香味野菜をじっくり炒めて香りを引き出すときに用いる。煮ものの場合は、煮汁を煮立たせることなく、ゆっくりと長時間煮込む場合に用いることが多い。

 

ガスコンロの中火

中火

コンロの炎が、フライパンの底にちょうど届くくらいの火加減。炎が左右に開いて立ち上がり、フライパンの底よりはひとまわり小さい面積を熱している状態。炒めものをするときにもっともよく用いる火加減。なお、中火で加熱していて、途中で材料をたくさん加えたときなどには「強めの中火」に火加減を調整することが多い。これは強火ではなく、中火を少し強めた状態を表す。

 

ガスコンロの強火

強火

コンロの炎が、フライパンの底に勢いよく当たるくらいの火加減。炎が左右に大きく開いて立ち上がり、フライパンの底全体を熱している状態。炎がフライパンの側面に回り込む状態まで、コンロのつまみを全開にする必要はない。また、フッ素樹脂加工のフライパンは、強火で長時間加熱すると、表面の加工が傷みやすくなるものもあるので、取扱説明書を確認してから使うようにする。

これって正解?料理のハテナ

料理のきほん TOPへ戻る

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ3/17号

オレンジページ3/17号

2020年3月2日発売

詳細・購入はこちら

2020オレンジページCooking春

2020オレンジページCooking春

2020年2月28日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康 Vol.14

おとなの健康 Vol.14

2020年1月16日発売

詳細・購入はこちら

ちぎりパン BY ORANGEPAGE 発売中

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!