close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

これって正解?料理のハテナ

これって正解? 料理のハテナ

牛かたまり肉の各部位の特徴って?

牛サーロイン,牛ランプ肉,牛ヒレ肉,牛すね肉,牛バラ肉

牛かたまり肉は部位による味や風味が大きく違うので、それぞれの部位にどんな特徴があるのか覚えておくとよい。

牛サーロイン
背の中心から腹にかけた部位で、ステーキ肉の代表格といえる上質な肉。肉全体に網目のように差し込んだ「霜降り」と呼ばれる脂肪で、独特のこくと極上の味わいが生まれる。

牛ランプ肉
背中の後ろからしりにかけての部分。しっとり柔らかい赤身で、ステーキやローストビーフなど、肉そのものを味わうメニューに向いている。

牛ヒレ肉
内側にある細長い肉で、一頭から左右一本ずつしかとれないため、高価。きめが細かく、牛肉のなかではもっとも柔らかく、上質な部分。

牛すね肉
足のふくらはぎに当たる肉。筋が多く堅いものの、ゼラチン質を多く含むため、シチューやポトフーなどにしてじっくりと煮ると、とろけるような口当たりに。

牛バラ肉
腹の肋骨についている部分。脂肪が多いためうまみがあり、すねと同様煮込み料理に向く。すねと合わせて角切りにした「カレー・シチュー用」は値段も手ごろで便利。

SHARE

牛かたまり肉の人気レシピはこちら!

これって正解? 料理のハテナ

SHARE

記事検索

SPECIAL TOPICS

オレンジページ 2/2号

最新号

2021年1月16日発売

詳細・購入はこちら

バックナンバー

Fujisan.co.jp 雑誌のオンライン書店で定期購読をする


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

オレンジページメンバーズ限定

応募期間 
1/26(火)~2/8(月)

オレンジページメンバーズ限定プレゼント

  • カルチャー
  • 暮らし

食材からレシピを探す