close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

これって正解?料理のハテナ

これって正解? 料理のハテナ

ひき肉を粘りが出るまで混ぜるってどういうこと?

ひき肉を粘りが出るまで混ぜる

ハンバーグやロールキャベツ、餃子のたねなど、ひき肉に味を混ぜ込むときに「粘りが出るまで混ぜる」または「粘りが出るまで練り混ぜる」という表現を用いるが多い。ボールに材料を入れたら、片手でボールの縁をしっかりと持ち、もう片方の手の指を開いて、同じ方向に勢いよく、ぐるぐるとかき混ぜる。ひき肉の粒が細かくなり、ねっとりとした粘りが出ればよい。この状態まで混ぜることで調味料がよくなじんで味がしっかりとつくだけでなく、なめらかな口当たりに仕上がる。

SHARE

ひき肉の人気レシピはこちら!

これって正解? 料理のハテナ

SHARE

記事検索

SPECIAL TOPICS

オレンジページ 2021 3/17号

最新号

2021年3月2日発売

詳細・購入はこちら

バックナンバー

Fujisan.co.jp 雑誌のオンライン書店で定期購読をする


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
2/24(火)~3/8(火)

オレンジページメンバーズ限定プレゼント

  • 暮らし

食材からレシピを探す