close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

これって正解?料理のハテナ

これって正解? 料理のハテナ

赤唐辛子と青唐辛子って何が違うの?

赤唐辛子と青唐辛子

赤唐辛子は、唐辛子が熟して赤くなったもの。中国、韓国、メキシコなどの産地によって、大きさや辛みの度合いが異なる。「たかのつめ」は日本産の唐辛子で、小さいながらも辛みが強い。一方、青唐辛子は未成熟の辛い品種の唐辛子で、ゆずこしょうの原料となる。みずみずしさと同時に、刺激的な辛みを持つ。素手で刻むと、洗っても辛味成分が残る場合があるので、注意する。

ゆずこしょう

ちなみにゆずこしょうとは、青ゆずの皮と青唐辛子をペースト状にし、塩を加えて熟成させた、九州地方の調味料。かんきつの香りに加え、強い辛みと塩けがある。

SHARE

赤唐辛子、青唐辛子を使ったレシピはこちら!

これって正解? 料理のハテナ

SHARE

記事検索

SPECIAL TOPICS

オレンジページ 2021 3/2号

最新号

2021年2月17日発売

詳細・購入はこちら

バックナンバー

Fujisan.co.jp 雑誌のオンライン書店で定期購読をする


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
2/24(火)~3/8(火)

オレンジページメンバーズ限定プレゼント

  • 暮らし

食材からレシピを探す