close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

アラビアータ

唐辛子の刺激的な辛みと、トマトのほどよい酸味が、グッドバランス。粉チーズでこくをプラス。

料理:

撮影: 今清水隆宏

アラビアータ

材料 (2人分)

  • パスタ(ペンネリガーテ) 120g
  • トマトソース(下記参照) 1カップ
  • 赤唐辛子 2~3本
  • オリーブオイル 大さじ1
  • 粉チーズ(パルメザン) 30g(約大さじ4)
  • ---トマトソース材料---
  • (作りやすい分量、約3カップ分)
  • ホールトマト缶詰(400g入り) 3缶
  • 玉ねぎ 1と1/2個
  • にんにく 2かけ
  • あれば生バジル 1枝
  • オリーブオイル 大さじ5~6
  • 粗びき黒こしょう
  • ※パスタは下記を参考にゆでる(ソースができ上がる前にゆで上がらないように注意)。

熱量 453kcal(1人分) 塩分 2.4g(1人分)

作り方

  • 赤唐辛子はへたと種を取り除き(辛いのが好みなら種は少し残して)、手で3つ~4つにちぎる。フライパンにオリーブオイル大さじ1、赤唐辛子を入れてから弱火にかけ、唐辛子の香りが立つまでじっくりと炒めてトマトソースを加える。

  • 中火にしてソースがぐつぐつ泡立つくらいに温まったら弱火にする。ゆでたてのパスタを加え、全体をかるくあえる(ソースがからみにくいときは、ゆで汁を少しずつたす)。

  • 火を止めて、粉チーズをふり、余熱で溶かしながら全体をよくからめる。塩適宜で味をととのえ、器に盛る。

    ---パスタのゆで方---

    1.鍋に3リットル(ショートパスタのときは2リットルでOK)の水を入れ、沸騰したら、塩30g(ショートパスタのときは20g、アンチョビーやあさりなど塩味の強い具のときは作り方の分量を参照)を入れる。
    2.パスタを入れる。端が焦げたりしないように急いで湯の中に沈める。鍋の縁にぐるりと広げるようにして入れると沈めやすい。
    3.鍋に入れたら、すぐかき混ぜる。かき混ぜることで、湯に沈みやすくなるし、パスタどうしがくっついてしまうことを避けられる。
    4.袋の表示の1分くらい前になったら1本取り出して、かんでみて。何回か堅さを確かめ、ちょっと堅いかなというくらいで引き上げる。
    5.パスタを引き上げる。ざるに上げてもよいが、そのときはゆで汁をおたま2~3杯分取り分けておくのを忘れずに。
    6.ショートパスタは、ロングパスタよりも余熱で柔らかくなりにくいので、気持ち長めにゆでてOK。ゆでかげんをみるとき、鍋から取り出し、そのまま口に入れると湯がすきまに入っていて、やけどすることが。まな板に取り出して切ってからにして。ファルファッレはひだの寄ったリボンの真ん中が火が通りにくいので、真ん中で切って、ゆでかげんを確かめます。

    ---トマトソースの作り方---

    1.にんにくは手のひらまたは、包丁の腹で押さえつけてつぶす。玉ねぎはざく切りにする。鍋にオリーブオイル大さじ5~6、玉ねぎ、にんにく、塩小さじ1/3、粗びき黒こしょう少々を入れて弱火にかけ、ときどき混ぜながら炒める。1時間くらい全体が濃い茶色になるまでじっくりと。この炒める作業がおいしさをつくるから頑張って。焦がさない程度にときどき混ぜればOK。
    2.トマトを缶汁ごと加えて強火にし、木べらでトマトを粗くつぶす。あればバジルの葉を加えて混ぜ、弱火にして、ときどき混ぜながら、40~60分煮込む。万能こし器に入れ、おたまなどでしごくようにしてこしてトマトソースのでき上がり。
    ※でき上がったトマトソースは密閉容器に入れて冷蔵庫で約1週間、冷凍庫で長期間保存できる。

    (1人分453kcal 、 塩分2.4g)

レシピ掲載日: 1999.4.2

SHARE

関連キーワード

レシピを探す

トマト缶を使った
その他のレシピ

注目のレシピ<PR>

人気レシピランキング

2021年07月27日現在

BOOK オレンジページの本

記事検索

SPECIAL TOPICS


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
7/27(火)~8/2(月)

【メンバーズプレゼント】バタークッキー、万能たれ、洗顔料をプレゼント

  • 健康
  • 美容
  • 暮らし

食材からレシピを探す