レシピをさがす

  1. HOME
  2. 料理のきほん ~台所仕事 まずはココから~
  3. いわしを手開きにする
台所仕事まずはココから 料理のきほん
下ごしらえのきほん 魚

いわしを手開きにする

いわしをソテーやムニエル、照り焼きにするときによく用いる下ごしらえ。いわしは身が柔らかく、小骨が多いので、包丁よりも手で開いたほうが身がくずれにくく、骨も取りやすい。

いわしを手開きにする1(切り口から腹の真ん中にかけて、斜めに身を切り落とす)

まず、いわしはうろこを取り頭を切り落として、切り口から腹の真ん中にかけて、斜めに身を切り落とし、上の身をめくるようにして、包丁の刃先で内臓をかき出す。腹の中に残った内臓を指でかき出しながら洗い、表面と腹の内側の水けをよく拭く。

 

いわしを手開きにする2(身と中骨の間に片方の親指を入れ、中骨にそって端まで開く)

腹の切り口を上にして持つ。身と中骨の間に片方の親指を入れ、中骨にそって、尾に向かって親指をすべらせるようにしながら端まで開く。

 

いわしを手開きにする3(中骨を頭のほうからはずしていく。尾のつけ根でポキッと折って中骨を取る)

中骨を指でつまみ上げ、身の部分を手で押さえながら、中骨を頭のほうからはずしていく。尾のつけ根でポキッと折って中骨を取る。

いわしを手開きにする(骨の取り方)

なお、尾のつけ根のところで中骨を折り、身を押さえながら、尾から頭のほうに向かってゆっくりはがす場合もある。

 

いわしを手開きにする4(残った腹骨を薄くそぎ取る)

身のくぼんだ部分に斜めに包丁を入れて、残った腹骨を薄くそぎ取る。

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ1/2号

オレンジページ1/2号

2019年12月17日発売

詳細・購入はこちら

2020オレンジページCooking冬

2020オレンジページCooking冬

2019年11月15日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康 Vol.13

おとなの健康 Vol.13

2019年11月14日発売

詳細・購入はこちら

ちぎりパン BY ORANGEPAGE 発売中

ジュニア料理選手権

おいしいにっぽんフェス

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!