close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

料理のおいしさ 下ごしらえ次第

下ごしらえのきほん 【魚】

いかをさばく

いかをさばく(わたを取り出す)


生のいかを煮ものや炒めものにするときの基本的な下ごしらえ。必要に応じて皮をむくこともある。まず内臓を抜く。胴の中に指を入れて、胴と頭のつながった部分をはがしてから頭を持ち、ゆっくりと内臓(わた)を引き出す。

 

いかをさばく(軟骨を引き抜く)

次に胴の内側についている軟骨を引き抜く。胴の中に指を入れて水洗いし、水けを拭く。

 

いかをさばく(目の下の部分に包丁を入れる)

目の下の部分に包丁を入れ、足と内臓(わた)を切り離す。

 

いかをさばく(くちばしを押し出す)

足の裏側から指を入れ、内側の黒っぽい部分(くちばし)を押し出し、指でつまんで取り除く。

 

いかをさばく(吸盤を取る)

足の堅い吸盤は、包丁でしごいてこそげ落とす。長い2本の足は、包丁の刃先で足先の吸盤を少し切り落とすほうがきれいに取れる。

SHARE

いかが主役のレシピはこちら!

下ごしらえのきほん 【魚】

SHARE

記事検索

SPECIAL TOPICS


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

食材からレシピを探す