close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

これって正解?料理のハテナ

これって正解? 料理のハテナ

「ひたひた」、「かぶるくらい」、「たっぷり」。料理の水加減、それぞれどのくらい?

素材を下ゆでするときなど、どの程度の水の量なのかをおおまかに表すときに「ひたひた」「かぶるくらい」「たっぷり」といった表現を用いる。それぞれ分量の目安を知っておくと便利。

ひたひた

料理の水加減「ひたひた」はこれくらい。

主にじゃがいもやかぼちゃなどをほっくりと仕上げたいときに用いられる水加減。材料の表面が水にようやくつかるか、わずかに水面から出ているくらいが目安。

かぶるくらい

料理の水加減「かぶるくらい」はこれくらい。

じゃがいもや大根などを、煮汁を残しながら、ゆっくりと煮るときなどの水加減。ゆで卵を作るときは、この量の水が目安。材料の高さと同じくらいの水位で、材料の表面がちょうどつかるくらいの状態。

たっぷり

料理の水加減「たっぷり」はこれくらい。

素材を時間をかけてゆでる場合や、かさのある野菜をゆでるときの水量。鍋の3/4くらいの高さが目安で、材料全体が完全に浸かるくらいの状態。

SHARE

下ゆでの水加減でもう迷わない!

これって正解? 料理のハテナ

SHARE

記事検索

SPECIAL TOPICS

オレンジページ 2021 3/17号

最新号

2021年3月2日発売

詳細・購入はこちら

バックナンバー

Fujisan.co.jp 雑誌のオンライン書店で定期購読をする


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
2/24(火)~3/8(火)

オレンジページメンバーズ限定プレゼント

  • 暮らし

食材からレシピを探す