close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

そら豆と鶏肉の塩味炒め

そら豆の風味が引き立つ、シンプルな塩味炒め。鶏肉は粉をまぶしておくと、口当たり柔らかに。

料理:

撮影: 南雲保夫

そら豆と鶏肉の塩味炒め

材料 (2人分)

  • そら豆(さやつき) 5~7本(約230g)
  •  (またはむき身のもの20粒〈約90g〉)
  • 鶏胸肉 1/2枚(約100g)
  • ねぎ 1/2本
  • 合わせ調味料
  •  水 1/2カップ
  •  鶏ガラスープの素(顆粒)、しょうゆ 各小さじ1/2
  •  片栗粉 小さじ3/4
  •  塩 小さじ1/4
  •  こしょう 少々
  • 塩 こしょう 酒 片栗粉 サラダ油

調理時間  熱量 191kcal(1人分) 塩分 1.5g(1人分)

下準備

     
  • 【1】さやから出すときは、さやの両側を握って向こう側と手前にひねります。さやが開いたら、豆を取り出します。

    【1】さやから出すときは、さやの両側を握って向こう側と手前にひねります。さやが開いたら、豆を取り出します。

  • 【2】皮の黒っぽい部分の反対側に、包丁の刃元で浅い切り込みを1本入れます。こうすると、塩ゆでなど、皮つきのまま調理するときも味がしみ込みやすくなります。

    【2】皮の黒っぽい部分の反対側に、包丁の刃元で浅い切り込みを1本入れます。こうすると、塩ゆでなど、皮つきのまま調理するときも味がしみ込みやすくなります。



作り方

  • そら豆は上記「下準備」【1】~【2】を参照して同様にする。塩少々を加えた熱湯(湯3カップに対し、塩小さじ1が目安)で2分ほどゆで、ざるに上げて水けをきり、さめたら切れ目をとっかかりにして、中身を傷つけないようにていねいに皮をむく。ねぎは幅1.5cmに切る。鶏肉は縦に幅2cmに切ってから、一口大の薄いそぎ切りにする。鶏肉をボールに入れて塩、こしょう各少々、酒、片栗粉各小さじ1を順にふってなじませる。小さめの器に、合わせ調味料の材料を混ぜ合わせる。

    そら豆は上記「下準備」【1】~【2】を参照して同様にする。塩少々を加えた熱湯(湯3カップに対し、塩小さじ1が目安)で2分ほどゆで、ざるに上げて水けをきり、さめたら切れ目をとっかかりにして、中身を傷つけないようにていねいに皮をむく。ねぎは幅1.5cmに切る。鶏肉は縦に幅2cmに切ってから、一口大の薄いそぎ切りにする。鶏肉をボールに入れて塩、こしょう各少々、酒、片栗粉各小さじ1を順にふってなじませる。小さめの器に、合わせ調味料の材料を混ぜ合わせる。

  • フライパンにサラダ油小さじ2を中火で熱し、鶏肉を並べ入れる。肉の色が白っぽく変わったら裏返し、フライパンのあいているところにねぎを加える。ふたをして弱火にし、2分ほど蒸し焼きにする。【1】のそら豆を加えて中火にし、さっと炒める。合わせ調味料をもう一度よく混ぜてから回し入れ、手早く混ぜる。とろみがついたら、器に盛る。

    フライパンにサラダ油小さじ2を中火で熱し、鶏肉を並べ入れる。肉の色が白っぽく変わったら裏返し、フライパンのあいているところにねぎを加える。ふたをして弱火にし、2分ほど蒸し焼きにする。【1】のそら豆を加えて中火にし、さっと炒める。合わせ調味料をもう一度よく混ぜてから回し入れ、手早く混ぜる。とろみがついたら、器に盛る。

レシピ掲載日: 2011.5.2

SHARE

関連キーワード

レシピを探す

鶏むね肉を使った
その他のレシピ

注目のレシピ<PR>

人気レシピランキング

2021年04月20日現在

BOOK オレンジページの本

記事検索

SPECIAL TOPICS

オレンジページ 2021 5/2号

最新号

2021年4月16日発売

詳細・購入はこちら

バックナンバー

Fujisan.co.jp 雑誌のオンライン書店で定期購読をする


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
4/20(火)~5/5(水)

オレンジページメンバーズ限定プレゼント

  • 健康
  • カルチャー
  • 暮らし

食材からレシピを探す