レシピをさがす

  1. HOME
  2. オレンジページ☆デイリー
  3. 3つのポイントでジューシーさ満点!かんたん自家製ソーセージ
オレンジページ☆デイリー

2018.5.9

3つのポイントでジューシーさ満点!かんたん自家製ソーセージ

ゴールデンウィークにはお台場でオクトーバーフェスト(=ドイツのビール祭り)が開催されたとか。だんだんと暑くなり、ビールがおいしい季節到来ですね~。
ビールと合わせたいものといえば、じゅわっと肉汁あふれるジューシーなソーセージ! 3つのポイントを押さえれば、おうちで簡単にうまみたっぷりのソーセージが作れるんですよ。


さっそくですが、ポイントとともに作り方をご紹介!

 

【ポイント1】肉だねは冷やしながら混ぜる!
まずはボールに豚ひき肉や玉ねぎのみじん切りなどを入れて練り混ぜますが、ここで氷水に当てるのがポイント。肉の脂が溶けるとぼそぼそとした食感になってしまうので、冷やしながら混ぜるのが大事なんです。体温が高い手のひらではなく指先を使って、ぐるぐると混ぜて。冷たいですが、ジューシーさのためにガマン!

【ポイント2】刻んだ豚バラ肉を入れる!
ひき肉を練り混ぜたら、刻んだ豚バラを入れてさらに混ぜて。こうすることで粗びき風の食感に! そのあと冷蔵庫でしばらく冷やして、溶けてしまった脂をしっかり固まらせるのも忘れずに。

【ポイント3】弱火でじわじわ蒸す!
ラップで成形したら、フライパンへ。高温だと肉だねが縮んでジューシーさがなくなるので、弱火でじわじわと蒸すのがポイント! 菜箸をはさんでいるのは、フライパン内が高温になるのを防ぐためなんですよ~。

蒸し終えたらあとは焼くだけ! 食欲をそそるよい香りがたちのぼり、「早く食べたい!」と気持ちがはやりますが、こんがりと焼き色がつくまで待ってくださいね。

 

肉だねを練り混ぜるときにお好みのフレーバーや具をプラスすれば、簡単にアレンジも!

レモンとパセリで初夏らしいさわやかな風味を感じるもよし、ブラックオリーブとトマトケチャップでイタリアン風に楽しんでもよし……。

気軽に食べ比べができるのも手作りならではですね。ジューシーな肉汁とともに、アレンジで変わる風味の違いを楽しんで!

料理/落合貴子 撮影/キッチンミノル スタイリング/浜田恵子 文/編集部・木村
『オレンジページ』2018年5月28日増刊号より)

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ6/2号

オレンジページ6/2号

2018年5月17日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康Vol.7

おとなの健康Vol.7

2018年4月16日発売

詳細・購入はこちら

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!

オレンジページ くらしフェスタが開催されます