レシピをさがす

  1. HOME
  2. 2019年ハロウィーン企画
  3. スイーツパーティの手軽で簡単な演出術

2019.10.11

スイーツパーティの手軽で簡単な演出術

おうちで楽しむHalloween>>

スイーツパーティの手軽で簡単な演出術
近年、右肩上がりの盛り上がりを見せているハロウィーン。今やクリスマスやバレンタインと並ぶ国民的行事となって人気を博しています。コスプレしたり、イベントに出かけたりするのも楽しいですが、気のおけない仲間と家でアットホームなパーティをして盛り上がるというプランもおすすめです。

 

夜のパーティだと、気合充分な準備が必要ですが、スイーツに特化したティーパーティなら、気軽に友達ファミリーをよべそうです。100円ショップや量販店で手に入るプチプラグッズをフル活用すれば、とっても素敵なハロウィーンパーティを演出できますよ。

教えてくれるのは、生け花の未生流の師範で、フラワーアレンジメントもプロ級の腕前を持つKieさん。今回は、家でできる簡単なテクニックを伝授していただきました。「まずは、テーマカラーを決めます」ということで、ハロウィーンだからオレンジ、黒などを基調に、壁やテーブルのコーディネートを考え、材料を用意していきます。

今回使ったのは、花屋さんで購入した季節の花に、100円ショップなどの色画用紙やテープ、木、紙皿、カップなど。ハロウィーンのシーズンには、白い花と合うチョコレートコスモスや観賞用カボチャが登場します。Kieさんは花をインターネットで安く仕入れたり、落ち葉や枯れ木を拾ってきて使ったりもされるとか。

「食卓に並ぶものなので、外で拾ってきたものにはひと手間加えます。松ぼっくりなどを使う場合は、ゆでて乾燥させたものを使いましょう。葉っぱなどもアルコールスプレーをかけたあとで、ゴールドの油性ペンで塗ったり、シールを貼ったりします」

壁はカボチャやコウモリなどの形に切り取った画用紙やマスキングテープ、オーナメントなどで飾りつけをすれば、インスタ映えもバッチリです。 この日のテーブルコーディネートで目を引いたのが、リボンや、目玉つきのクッキーを結んだ大きな枯れ木のオブジェ。背の高いものを1つ置くと、アクセントになるそうです。 観賞用カボチャは、わたや種をくりぬいてフローラルフォームに入れて、小花を挿せばかわいいアレンジメントになります。 花はあらかじめプチブーケとして飾っておけば、手土産としてスマートに渡せます。

せっかくなので、スイーツにもシールを貼ったり、ピックをつけたりして、かわいいハロウィーン仕様にしましょう。きっと子どもたちもワクワクしながら手にとるはず! ドーナツは何種類かのトッピングを用意しておけば、何個もほおばりたくなりそう。 ゴールドの縁どりのプラスチックプレートとグラスは、シールでマーキングしておくと、ほかのゲストのものと間違えずにすみます。さらにゴールドに塗った枯れ葉のネームタグを入れておけば完璧です!

まさに、思い立ったらすぐに実行できそうな、ハロウィーンのスイーツパーティ。子どもといっしょに準備をしていく段階ですでに気分が上がりますし、手作りの飾りつけなので、完成後にはちょっとした達成感が味わえます。そして、もちろんいちばんの楽しみは、ゲストが喜んでくれることですね。さあ、さっそくハロウィーンパーティを企画してみませんか?
 

 

Profile Kieさん
生け花歴14年で、未生流の師範。フラワーアレンジメントは趣味で始めたが、5年間のシンガポール滞在中にスキルアップし、ワークショップを定期的に開催している。

 

撮影・取材・文/山崎伸子

 

おうちで楽しむHalloween>>

 

 

 

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ10/15増刊号

オレンジページ10/15増刊号

2020年9月17日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康Vol.16

おとなの健康Vol.16

2020年7月16日発売

詳細・購入はこちら

ちぎりパン BY ORANGEPAGE 発売中

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!

オレンジページ通販

ジュニア料理選手権スピンオフ