close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

スナップえんどうとえびの塩炒め

スナップえんどうの甘みを存分に楽しめる、シンプルな塩味の炒めもの。ほどよい歯ざわりを残すため、炒めすぎないのがポイントです。

料理:

撮影: 尾田学

スナップえんどうとえびの塩炒め

材料 (2人分)

  • スナップえんどう 約200g
  • むきえび 80g
  • きくらげ(乾燥) 大さじ1(約3g)
  • にんにくのみじん切り 1かけ分
  • 下味
  •  酒 小さじ1/2
  •  塩 少々
  •  片栗粉、サラダ油 各小さじ1
  • サラダ油 酒 塩 こしょう ごま油

調理時間  熱量 179kcal(1人分) 塩分 1.3g(1人分)

作り方

  • きくらげは熱湯に5分ほどつけてもどし、水けをきって、大きいものは一口大に切る。スナップえんどうは「下ごしらえの基本」を参照してへたと筋を取る。えびは背わたがあれば竹串で取り、ボールに入れる。下味の材料を順に加えてそのつど混ぜ、全体にからめる。

  • フライパンにサラダ油大さじ1とにんにくを入れて中火で熱し、香りが立ったらえびを加えて炒める。えびの色が変わったら、スナップえんどうときくらげを加え、続けて酒大さじ2を回し入れて、1分ほど炒め合わせる。スナップえんどうが色鮮やかになったら、塩小さじ1/3と、こしょう、ごま油各少々を加え、全体を混ぜ合わせて器に盛る。

    (1人分179kcal、塩分1.3g)

    ●下ごしらえの基本
    さやの両側にある筋は一つ一つ、ていねいに取り除きます。まず、へたを手前にしてスナップえんどうを持ち、へたの反対側の先をつまんで折ります。そこをとっかかりに、へたのところまですーっと手前に引いて片側の筋を取ります。次に、筋がついたまま、へたが向こう側になるよう持ち替え、へたを折って同様に手前に引き、もう片側の筋も取り除きます。

レシピ掲載日: 2007.4.17

SHARE

レシピを探す

スナップえんどうを使った
その他のレシピ

注目のレシピ<PR>

人気レシピランキング

2021年10月20日現在

BOOK オレンジページの本

記事検索

SPECIAL TOPICS


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

食材からレシピを探す