レシピをさがす

  1. HOME
  2. オレンジページ☆デイリー
  3. 茶色くていい。ウマければいい。【じみ弁】のススメ。
オレンジページ☆デイリー

2019.2.20

茶色くていい。ウマければいい。【じみ弁】のススメ。

突然ですが、高校2年の男子に、茶色ーいお弁当を毎日作っている編集担当Fです。

もうお弁当作りも1年半になりましたが、メニューを考えるのって本当にむずかしい。本人の好きなもの(和食)を入れてやろうと思いつつ、和食ってそもそも茶色い! しょうが焼きもから揚げもきんぴらも、ひたすら茶色ーーい。「こんな弁当、友達の前で恥ずかしいだろうなあ」と気の毒になりつつも、インスタでアップできるような彩り弁当なんか、そもそもムリ。恥ずかしながら、早起きが大の苦手なんです。。。

そんなこんなで、罪悪感を感じつつも、同じような茶色いメニューをぐるぐる作りつづけていた私に、天からプレゼント企画がふってきた~。その名も「じみ弁」。いま大人気の料理家、ごはん同盟のしらいのりこさんによると、おべんとうはそんなにきばって、あれこれ詰めなくていい。「白いご飯がどんどんすすむおかずが、【ひとつ】入っていればいいんです」。

なんという名言!ずーっと持ってた荷物を、「それおろしていいよ」って言われたような感じ。じみだと恥ずかしい、恥ずかしい弁当を持たせてかわいそう、と一人で勝手に思っていたのかもしれません。

しらいさんの作る「じみ弁」は、見ているとおなかがぐうぐうなりそうなものばかり。茶色くても食欲そそる、力強い魅力に満ちているんです。たとえばこれ。


甘じょっぱいつくねを3個ものっけた、ゴージャスなのり弁。つくねも、きんぴらも、おかかも茶色く、のりは真っ黒! 「こんな漆黒の弁当はあろうか」って感じだけど、なんともどっしりとおいしそうではないですか?

はたまた、こんなじみ弁も。


厚揚げを豚肉で巻いて照り焼きにしたもの。これだって、厚揚げも豚肉もしょうゆも茶色いけど、堂々たるもの! 甘辛いたれが豚バラによーくしみてて、ゆかりご飯がすすみそうだなあ・・・と想像がつきます。

結局のところ、「じみ」なことはちっとも恥ずかしくない。「わっ、うまそう!」ってテンション上がって、白めしがワシワシと食べられれば、午後の勉強や仕事が元気にがんばれる。それがお弁当でいちばん大事なことですよね。

そう悟りを開いたような明るい気持ちで、しらいさんの「じみ弁」をせっせと作っています。みなさんも、きょうからじみ弁仲間になりませんか?

料理/しらいのりこ(ごはん同盟) 撮影/鈴木泰介 文/編集部・藤井
『オレンジページ3月1日号 特別付録「まいにち、じみ弁!30』より)
 

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ6/2号

オレンジページ6/2号

2019年5月17日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康 Vol.11

おとなの健康 Vol.11

2019年5月16日発売

詳細・購入はこちら

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!

創刊33周年記念動画配信中!

オレンジページくらしフェスタ