close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

【偏愛! ガチ推しレシピ】揚げだし卵

2019.02.17

最新号の特集担当が、おのれの舌をしびれさせたレシピをガチで推す! その偏愛っぷりと共にぜひお試しを。

 

NOT目玉焼き!
その正体、揚げだし界の新スター。

卵特集の打合せで、ふわとろオムライスやとろとろ親子丼を差し置いて「こんなのおいしいに決まってるじゃないか!」と担当編集の二人を騒がせたメニューがありました。それが「揚げだし卵」! これはありそうでなかったね、名前だけで絶対においしいのがわかるね。そんな会話をしていたのをおぼえています。ええ、もちろん予想を裏切らない、いや予想を上回るおいしさでしたとも!

いつも会ってるけど、今日の黄身は雰囲気違うね……。【揚げだし卵】

ガチ推しポイント!

【その1】
味のしみやすさが目玉焼きとは段違い!

ぱっと見は朝食の常連、目玉焼きと変わらないのですが、その決定的なちがいが「だしのしみっぷり」! 多めの油で揚げ焼きにしているので、ころもをつけなくても「揚げだし」の名に恥じぬ味しみ具合に。朝の定番みたいな顔して晩酌のほうが似合うニクイやつです。

【その2】
油でカリッカリに焼いたらうまいにきまってる。

ベーコンだってチキンだってじゃがいもだって、カリッカリに焼いたらおいしいでしょ。それを卵でやっちゃったらもう、カリカリの白身とトロトロの黄身ができあがる、最強の調理法になるというわけです。

【その3】
大根おろしの万能ぶりを痛感。

本家の揚げ出し豆腐にも欠かせない陰の立役者、大根おろし。例に漏れず卵とも相性ばっちり。黄身を豪快にくずしながら大根おろしといっしょに口に運ぶと、卵のまったりと大根のさっぱりが絶妙にマッチング。

 

レシピはこちら

【揚げだし卵】

▼材料(2人分)と作り方

大根おろし50g(約2cm分)はざるに上げて水けをきる。
めんつゆ(3倍希釈)大さじ1、湯大さじ2を混ぜる。小さめのフライパンにサラダ油大さじ2を中火で熱し、卵2個を割り入れて底がカリッとするまで3分ほど揚げ焼きにする。
器に1人分ずつ盛りつけ、大根おろしと万能ねぎの小口切りを適宜添え、めんつゆをかける。

 

料理/市瀬悦子 写真/木村 拓(東京料理写真) 文/編集部・樋口

『オレンジページ』2019年3月2日号より)

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ