close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

大根餃子

みんなが大好きな餃子も、皮の代わりに大根を使えば、新感覚の一品に! 香ばしさと甘さを兼ねそろえた驚きのおいしさで、一度食べたらやみつきになること間違いなし♪ 焼いている途中で大根がパカッと開かないよう、真ん中をしっかり押さえて成形して。

料理:

撮影: 寺澤太郎

大根餃子

材料 (2人分)

  • 大根(直径7~7.5cm) 1/8本(約120g)
  • 豚ひき肉 100g
  • ねぎのみじん切り 1/5本分(約20g)
  • にらの小口切り 1/5束分(約20g)
  • 下味
  •  しょうが汁 小さじ1
  •  酒 小さじ1
  •  片栗粉 小さじ2
  •  塩、こしょう 各少々
  • たれ
  •  ラー油、酢、しょうゆ 各適宜
  • 塩 片栗粉 ごま油

熱量 165kcal(1人分) 塩分 0.7g(1人分)

作り方

  • 大根は皮をむき、あればスライサーで、幅2mmの輪切りを12枚用意する。バットなどにざっと広げて並べ、全体に塩少々をふってすりこみ、10分ほどおく。

    大根は皮をむき、あればスライサーで、幅2mmの輪切りを12枚用意する。バットなどにざっと広げて並べ、全体に塩少々をふってすりこみ、10分ほどおく。

  • ボールに豚ひき肉と下味の材料を入れ、粘りが出るまで手で練り混ぜる。さらにねぎ、にらを加えてさっと混ぜる。たれの材料を混ぜ合わせる。

    ボールに豚ひき肉と下味の材料を入れ、粘りが出るまで手で練り混ぜる。さらにねぎ、にらを加えてさっと混ぜる。たれの材料を混ぜ合わせる。

  • 大根がしんなりしたら、ペーパータオルに並べて水けをしっかり拭き取る。すぐに大根の片面の切り口に、片栗粉適宜を茶こしで薄くふる。

    大根がしんなりしたら、ペーパータオルに並べて水けをしっかり拭き取る。すぐに大根の片面の切り口に、片栗粉適宜を茶こしで薄くふる。

  • 【3】の大根の片栗粉をふった面に肉だねを1/12量ずつのせて半分に折り、中央を指で押さえて留める。肉だねがはみ出ないように、スプーンの背で平らになるように押さえ、形を整える。

    【3】の大根の片栗粉をふった面に肉だねを1/12量ずつのせて半分に折り、中央を指で押さえて留める。肉だねがはみ出ないように、スプーンの背で平らになるように押さえ、形を整える。

  • フライパンにごま油小さじ1を中火で熱し、大根餃子を並べる。1分ほど焼いてかるく焼き色がついたら、水大さじ1を回し入れる。

    フライパンにごま油小さじ1を中火で熱し、大根餃子を並べる。1分ほど焼いてかるく焼き色がついたら、水大さじ1を回し入れる。

  • ふたをして弱めの中火で1分30秒~2分蒸し焼きにする。焼き目が上になるように器に盛り、たれを添える。

    ふたをして弱めの中火で1分30秒~2分蒸し焼きにする。焼き目が上になるように器に盛り、たれを添える。



チーズ羽根
チーズ羽根
パリパリのチーズ羽根をつけて、食感をプラス。ほどよい塩けが加わり、おつまみにもgood!

材料(2人分)と作り方
[1]上記「大根餃子」の材料と作り方【1】~【4】を参照し、大根餃子を作る。フライパンにごま油小さじ1を中火で熱し、大根餃子を円形に並べる。すぐに水大さじ1を回し入れ、餃子と餃子の間にピザ用チーズ60gを敷きつめる。ふたをして弱めの中火で4分ほど蒸し焼きにする。
[2]ふたを取り、余分な油をペーパータオルで拭き取る。チーズのまわりからフライ返しを差し入れてはがし、フライパンよりやや小さめの皿を餃子にかぶせ、フライパンごとひっくり返す。
(1人分266kcal、塩分1.5g)

 

祝オレンジページ創刊35周年 日本テレビ『世界一受けたい授業』で紹介されたレシピ
 

レシピ掲載日: 2015.10.17

SHARE

関連キーワード

レシピを探す

豚挽き肉を使った
その他のレシピ

注目のレシピ<PR>

人気レシピランキング

2021年09月27日現在

BOOK オレンジページの本

記事検索

SPECIAL TOPICS


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

食材からレシピを探す