close

レシピ検索 レシピ検索

大阪餃子

薄皮で、小ぶりなものが多い大阪餃子。スナック感覚で食べられ、おつまみとしても人気です。水分の少ないワンタンの皮を使用してパリパリに香ばしく。

料理:

撮影: 鈴木泰介

大阪餃子

材料 (30個分)

  • たね
  •  豚ひき肉 70g
  •  キャベツの葉 1と1/2枚(70g)
  •  にら、ねぎ 各20g
  •  しょうがのみじん切り 1/2かけ分
  •  塩 小さじ1/6
  •  オイスターソース、サラダ油 各小さじ2
  •  砂糖、しょうゆ 各小さじ1
  •  ごま油 小さじ1/2
  •  一味唐辛子 小さじ1/4~1/3
  • ワンタンの皮 1袋(30枚)
  • サラダ油

熱量 24kcal(1人分) 塩分 0.2g(1人分)

作り方

  • キャベツはしんをV字に切り取り、ねぎとともに粗みじんに刻む。にらは幅2mmに切る。ボールにキャベツから塩までを入れ、1分ほどよく混ぜる。残りのたねの材料を加え、さらに指先で2分ほど練り混ぜる。

  • ワンタンの皮にたねを小さじ1弱ずつのせ、角をずらして半分に折りたたむ。右上の皮の角が左上の矢印の場所にくるよう(A)、ひだを作ってたたむ(B)。さらに、右端の角もひだを作ってたたみ(C)、角が4つになるように包む。残りも同様にする。

【ポイント】
使うのは水分の少ないワンタンの皮。
パリッパリの香ばしさがビールに合うこと必至!

    ワンタンの皮にたねを小さじ1弱ずつのせ、角をずらして半分に折りたたむ。右上の皮の角が左上の矢印の場所にくるよう(A)、ひだを作ってたたむ(B)。さらに、右端の角もひだを作ってたたみ(C)、角が4つになるように包む。残りも同様にする。

    【ポイント】
    使うのは水分の少ないワンタンの皮。
    パリッパリの香ばしさがビールに合うこと必至!

  • 餃子を2~3回に分けて焼く。フライパンにサラダ油大さじ1/2を中火で熱し、餃子の1/3~1/2量を間隔をあけて並べる。水1/4カップを注いでふたをし、水分がなくなるまで4分ほど蒸し焼きにする。ふたを取り、さらに1~2分焼く。全体にカリッとしたら器に盛る。残りも同様にする。

    餃子を2~3回に分けて焼く。フライパンにサラダ油大さじ1/2を中火で熱し、餃子の1/3~1/2量を間隔をあけて並べる。水1/4カップを注いでふたをし、水分がなくなるまで4分ほど蒸し焼きにする。ふたを取り、さらに1~2分焼く。全体にカリッとしたら器に盛る。残りも同様にする。

レシピ掲載日: 2015.9.17

SHARE

関連キーワード

レシピを探す

キャベツを使った
その他のレシピ

注目のレシピ<PR>

人気レシピランキング

2024年05月29日現在

BOOK オレンジページの本

記事検索

SPECIAL TOPICS


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
5/28~6/17

日清ヘルシークリアプレゼント

  • #食

Check!