close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

チキンと野菜のパエリヤ

こんがり香ばしく焼きつけた鶏肉と、野菜から出るうまみがたっぷりしみ込んだご飯は、たまらないおいしさ。

料理:

撮影: 大井一範

材料 (4~6人分)

  • 鶏手羽元 350g
  • ウインナソーセージ 4本
  • じゃがいも 2個
  • 小玉ねぎ 8個
  • 赤ピーマン 2個
  • さやいんげん 150g
  • 枝豆(さやつき) 200g
  • 米 1と1/2カップ
  • パエリヤのベース(ソフリ)
  •  玉ねぎ 1/2個
  •  ピーマン 1個
  •  トマト 1個
  •  にんにく 1かけ
  • 洋風スープの素(固形・チキン) 2個
  • サフラン 0.5g
  • レモン(国産)のくし形切り 1/2個分
  • オリーブオイル 大さじ3~4

熱量 452kcal(1/6量) 塩分 2.2g(1/6量)

作り方

  • 鶏手羽元は塩少々をふる。ソーセージは長さを半分に切り、斜めに切り込みを入れる。じゃがいもは皮をむいて一口大に切る。小玉ねぎは皮をむく。赤ピーマンは縦半分に切ってへたと種を取り除き、さらに縦4等分にする。いんげんはへたと筋を取り、長さ約4cm に切る。枝豆は塩少々をふり、こすり合わせてうぶ毛を取る。熱湯で色鮮やかになるまでゆでてざるにとり、豆をさやから出して薄皮をむく。

  • パエリヤのベース(ソフリ)の下準備をする。トマトはへたを取り、へたの反対側の皮に十文字に浅く切り目を入れ、熱湯につける。皮がめくれてきたらすぐに冷水にとる。皮をむいて粗みじん切り、ほかの材料はみじん切りにする。

  • 鍋に水4カップを入れて煮立て、沸騰したらスープの素をほぐし入れて1~2分煮立てる。さめないようにごく弱火にかけておく。

  • 小さめのフライパンにアルミホイルを敷く。サフランを入れて弱火にかけ、揺すりながら香りが立つまでいる。サフランがパリッとしたら火からおろし(余熱で火が通るので焦がさないよう注意)、もんで細かくする。

  • パエリヤパンにオリーブオイル大さじ3~4を中火で熱し、鶏肉を入れてこんがりと焼き、いったん取り出す。残った油でじゃがいもを入れて炒め、表面が色づいたら小玉ねぎを加える。色づいたら赤ピーマン、いんげんを加えてさっと炒め合わせ、すべての野菜を取り出す。

  • パエリヤのベース(ソフリ)のにんにく、玉ねぎを入れて中火にかけて炒める。薄く色づいたらピーマン、トマトを加え、トマトの水けがなくなるまで煮つめながら炒める。

  • 鶏肉、じゃがいもを戻し入れ、米を洗わずに、全体に均一にふり入れる。火にかけていたスープを3カップ分注ぎ入れる。

  • 鍋を揺すりながら、サフラン、塩小さじ2/3~1を加える。ときどき鍋を揺すりながら中火で約5分煮る。

  • ソーセージ、小玉ねぎ、赤ピーマン、いんげんをのせ、ときどき鍋を揺すりながら、中火で10~12分煮る。

  • 米がスープを吸って表面に浮いてきたら、枝豆を散らし入れる。アルミホイルで鍋をきっちりとおおって焼き網などの上にのせ、ごく弱火で18~20分蒸し煮にする。火を止め、約10分蒸らす。

  • レモンのくし形切りをのせ、好みでレモンを絞っていただく。
    (1/6量で452kcal、塩分2.2g)

レシピ掲載日: 1999.7.2

SHARE

レシピを探す

鶏もも肉を使った
その他のレシピ

注目のレシピ<PR>

人気レシピランキング

2021年01月24日現在

BOOK オレンジページの本

記事検索

SPECIAL TOPICS

オレンジページ 2/2号

最新号

2021年1月16日発売

詳細・購入はこちら

バックナンバー

Fujisan.co.jp 雑誌のオンライン書店で定期購読をする


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

オレンジページメンバーズ限定

応募期間 
1/12(火)~1/25(月)

オレンジページメンバーズ限定プレゼント

食材からレシピを探す