レシピをさがす

  1. HOME
  2. オレンジページ☆デイリー
  3. 【休日おすすめレシピ】フライパンで作る『焼き肉まん』
オレンジページ☆デイリー

2020.3.26

【休日おすすめレシピ】フライパンで作る『焼き肉まん』

休日、おうちにこもってちょっぴり手間のかかる料理をして過ごす。

とってもぜいたくな時間ですよね。

 

今回は、そんな日にうってつけの、フライパン作る『焼き肉まん』のレシピをご紹介します。皮から手作りするので、お子さんと一緒に作るのにもおすすめです。

 

どうぞご覧ください。

 

●『焼き肉まん』

材料(8個分)

〈生地 〉

薄力粉……150g

ベーキングパウダー……小さじ2

砂糖……大さじ1と1/2

塩……少々

ごま油……大さじ1

牛乳……80ml

 

〈肉だね〉

豚バラ薄切り肉……150g

ねぎのみじん切り……50g

オイスターソース……大さじ1

片栗粉……小さじ2

砂糖……小さじ1

 

打ち粉用の薄力粉……適宜

サラダ油

 

【作り方】

(1)ボールに、薄力粉、ベーキングパウダー、砂糖、塩を入れてよく混ぜる。中央をあけてごま油を流し入れ、手でまわりの粉をくずすように混ぜる。同様に中央をあけて牛乳を加え、なめらかになるまで練り混ぜる。

 

(2)打ち粉をふった作業台に生地を置く。手のひらのつけ根で向こう側に向かって押し広げ、手前に折りたたむ。これを3分ほど繰り返し、なめらかになるまでこねる。丸く整えてボールに入れ、ラップをかて室温で20分ほどねかせる。

 

(3)豚肉は幅5mmに切る。ボールに肉だねの材料を入れ、ひとまとまりになるまで2分ほど練り混ぜる。

 

(4)まな板にかるく打ち粉をして生地をのせる。手でころがしながら20cmくらいの棒状にのばし、8等分に切る。1切れを手にのせ、縁をつまんで中央に引き寄せる。裏返してかるく丸め、まな板にのせて、直径9~10cmの円形に手でのばす(乾いたふきんをかぶせておく)。

 

(5)作業台に打ち粉をせずに生地をのせ、中心に肉だねの1/8量をのせる。生地の縁を持ち上げて半分に折り、つまんだ部分を留める。

 

(6)生地の留めた部分をつまんだまま、細かくひだをとる。最後は親指と人さし指でつまんで、口をしっかりと閉じる。残りも同様に包む。包んだものは乾いたふきんをかぶせ、乾燥を防ぐ。

 

(7)フライパンにサラダ油小さじ1を中火で熱する。肉まんを間隔をあけて並べ、焼き色がつくまで4~5分焼く。水3/4カップを注ぎ、ふたをして、ほぼ水分がなくなるまで8分ほど焼く。ふたを取り、カリッとするまで焼く。

 

【POINT】焦げすぎないように、火加減と焼き時間を守ってください。

 

う~ん! ほんのり甘くてふわふわの皮……、焦げ目のカリカリ感……、これは大人も子どもも大満足ですね♪

 

ひき肉ではなく、刻んだ豚バラ肉でたねを作っているから、お肉のうまみと存在感が格別です。

特別な道具は使わず、いつものフライパンでできちゃうところもお気に入り! 子どもと一緒に生地づくりをすれば、よいコミュニケーションにもなりますよ♪

 

おうちで過ごす休日は『焼き肉まん』で、おいしく楽しく。

ぜひ今週末にでもお試しください。

 

料理/小田真規子 撮影/木村 拓(東京料理写真) 文/編集部・持田

『「いま」作りたいものが全部ある! フライパンひとつ おかず、パン、スイーツ97品。』(オレンジページ刊)より)

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ7/17号

オレンジページ7/17号

2020年7月2日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康 Vol.15

おとなの健康 Vol.15

2020年4月16日発売

詳細・購入はこちら

ちぎりパン BY ORANGEPAGE 発売中

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!

ジュニア料理選手権スピンオフ