close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

鶏のから揚げ

「下味の水分は少なめ」がべたつき防止のポイント。外はカリッ、中はジューシーな理想の状態にするには、揚げるときの温度が重要です。

料理:

撮影: 対馬一次

材料 (4人分)

  • 鶏もも肉 2枚(約500g)
  • しょうが汁 大さじ1
  • 好みでにんにくのすりおろし 1かけ分
  • しょうゆ 片栗粉 揚げ油

熱量 315kcal(1人分) 塩分 1.4g(1人分)

作り方

  • 鶏肉は余分な皮と脂肪を取り除き、一口大に切る。ボールに鶏肉を入れ、しょうゆ大さじ2弱、しょうが汁、好みでにんにくを加えて手でもみ込み、15分ほどおいて肉を室温にもどす。下味の水分を少なくすることで、べたつきを防止できる。

    鶏肉は余分な皮と脂肪を取り除き、一口大に切る。ボールに鶏肉を入れ、しょうゆ大さじ2弱、しょうが汁、好みでにんにくを加えて手でもみ込み、15分ほどおいて肉を室温にもどす。下味の水分を少なくすることで、べたつきを防止できる。

  • フライパンに揚げ油を中温(※)に熱し、鶏肉の表面に片栗粉を薄くまぶして、全量を入れる。一度にたくさん入れることで油が均等に鶏肉に回り、油の温度も少し下がるので中まで火がうまく通る。

    フライパンに揚げ油を中温(※)に熱し、鶏肉の表面に片栗粉を薄くまぶして、全量を入れる。一度にたくさん入れることで油が均等に鶏肉に回り、油の温度も少し下がるので中まで火がうまく通る。

  • 鶏肉の表面が固まったら菜箸で混ぜながら4~5分揚げる。最後は強めの中火にし、高温(※)の状態で揚げてからりとさせる。菜箸で1切れつまんでみて、じわ~っと細かい振動が伝われば、中まで火が通った証拠。油をきって器に盛る。


※中温(170~180℃)
菜箸の先から、すぐに細かい泡がシュワシュワッと出はじめる状態。

※高温(185〜190℃)
勢いよく、泡がたくさん出る。中温になってからさらに1~2分中火にかけておくとこの状態に。

    鶏肉の表面が固まったら菜箸で混ぜながら4~5分揚げる。最後は強めの中火にし、高温(※)の状態で揚げてからりとさせる。菜箸で1切れつまんでみて、じわ~っと細かい振動が伝われば、中まで火が通った証拠。油をきって器に盛る。


    ※中温(170~180℃)
    菜箸の先から、すぐに細かい泡がシュワシュワッと出はじめる状態。

    ※高温(185〜190℃)
    勢いよく、泡がたくさん出る。中温になってからさらに1~2分中火にかけておくとこの状態に。

レシピ掲載日: 2009.12.2

SHARE

関連キーワード

レシピを探す

鶏もも肉を使った
その他のレシピ

注目のレシピ<PR>

人気レシピランキング

2021年01月25日現在

BOOK オレンジページの本

記事検索

SPECIAL TOPICS

オレンジページ 2/2号

最新号

2021年1月16日発売

詳細・購入はこちら

バックナンバー

Fujisan.co.jp 雑誌のオンライン書店で定期購読をする


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

オレンジページメンバーズ限定

応募期間 
1/12(火)~1/25(月)

オレンジページメンバーズ限定プレゼント

食材からレシピを探す