close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

切り干し大根と焼きパプリカ、水菜のごまだれサラダ

生で味わう切干し大根は、シャキシャキの食感が新鮮。ごまだれに酸味と辛みをプラスして、サラダ仕立てで味わいます。

料理:

撮影: 平良 耕、山下裕司(クラッカースタジオ)

切り干し大根と焼きパプリカ、水菜のごまだれサラダ

材料 (2人分)

  • 切り干し大根(カットしてあるもの) 15g
  • パプリカ(赤・黄) 各1/2個
  • 水菜 2~3株 
  • 合わせだれ
  •   市販のごまだれ  大さじ2
  •   米酢 大さじ1
  •   市販の食べるラー油 小さじ1
  •   (なければラー油)
  • ピーナッツダイス 大さじ2~3
  • (なければピーナッツを粗く刻んだもの) 
  • ごま油 

作り方

  • <b>切り干し大根をもどす</b>
切り干し大根は水に15分つけてもどし、水けをきって長ければ3cmに切る。

    切り干し大根をもどす
    切り干し大根は水に15分つけてもどし、水けをきって長ければ3cmに切る。

  • <b>パプリカと水菜を切る</b>
パプリカはへたと種を除いて横半分に切り、縦に細切りにする。水菜は長さ3cmに切る。ピーナッツも準備しておく。

    パプリカと水菜を切る
    パプリカはへたと種を除いて横半分に切り、縦に細切りにする。水菜は長さ3cmに切る。ピーナッツも準備しておく。

  • <b>パプリカを焼きつける</b>
フライパンにごま油少々を入れて中火で熱し、パプリカをかるく焦げ目がつくまで焼きつける。フライパンに入れたら菜箸などで動かさずに1分30秒ほど焼き、上下を返してさっと焼いて取り出す。混ぜながら炒めるとくたくたになり、なかなか焦げ目がつかなくなるので注意して。

    パプリカを焼きつける
    フライパンにごま油少々を入れて中火で熱し、パプリカをかるく焦げ目がつくまで焼きつける。フライパンに入れたら菜箸などで動かさずに1分30秒ほど焼き、上下を返してさっと焼いて取り出す。混ぜながら炒めるとくたくたになり、なかなか焦げ目がつかなくなるので注意して。

  • <b>合わせだれを作る</b>
合わせだれの材料をボールに入れ、よく混ぜる。「食べるラー油」は辛みをつけるだけでなく、にんにくなどの具を加えることで味のアクセントにもなり、さらにパンチがきいた味になる。

    合わせだれを作る
    合わせだれの材料をボールに入れ、よく混ぜる。「食べるラー油」は辛みをつけるだけでなく、にんにくなどの具を加えることで味のアクセントにもなり、さらにパンチがきいた味になる。

  • <b>あえる</b>
ボールに水けをしっかり絞った切り干し大根、パプリカ、水菜を入れ、合わせだれを加えてまんべんなくあえる。最後にピーナッツをふってざっと混ぜ、器に山高く盛りつける。ピーナッツはあえずに散らしてもOK。

    あえる
    ボールに水けをしっかり絞った切り干し大根、パプリカ、水菜を入れ、合わせだれを加えてまんべんなくあえる。最後にピーナッツをふってざっと混ぜ、器に山高く盛りつける。ピーナッツはあえずに散らしてもOK。

レシピ掲載日: 2011.9.13

SHARE

レシピを探す

切り干し大根を使った
その他のレシピ

注目のレシピ<PR>

人気レシピランキング

2021年10月19日現在

BOOK オレンジページの本

記事検索

SPECIAL TOPICS


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

食材からレシピを探す