close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

豆腐とわかめのみそ汁

定番の豆腐とわかめのみそ汁。煮干しでだしをしっかりとって本格的な作り方をマスターして。

料理:

撮影: 大川範

豆腐とわかめのみそ汁

材料 (4人分)

  • 塩蔵わかめ 30g
  • 木綿豆腐 1/2丁
  • みそ 大さじ3と1/2~4
  • だし汁
  •  水 900cc
  •  煮干し 20~25本
  • ねぎの小口切り 10cm分

作り方

  • 煮干しは頭を取り、腹側を上に向けて尾のほうから親指で少しずつ腹をさき、縦2つに割って、中の黒いかたまり(はらわた)を取ります。

  • 分量の水をボールに入れ、煮干しを入れて20~30分つけておきます。水につけると煮干しの身が柔らかくなり、うまみが水に溶け出してだし汁がいっそうおいしくなります。

  • そのまま鍋に移して火にかけます。初めは強火にし、煮立ってきたら煮干しが躍らない程度に火を弱め、アクを取りながら7~8分煮ます。

  • だし汁をこします。鍋底には煮くずれた煮干しのクズがたまっているので、めんどうでもこし器を使って、きれいに取り除きます。これでだしがとれました。

  • わかめは水洗いして水に浸してもどし、食べやすい大きさに切って鍋にだし汁といっしょに入れ、煮立たない程度に5~6分煮て、わかめのうまみを出します。魚介類や火の通りにくい野菜も初めに入れて。

  • おたまじゃくしにみそを入れ、だし汁をすくって箸でよく溶きのばします。みそをだし汁に入れている間は、だし汁が煮立たないよう火加減に注意し、みその風味が落ちないようにします。

  • 豆腐や青菜など、煮すぎると味がおちるものは、みそのあとに加えます。豆腐は手のひらに置き、1cm角のさいの目に。厚みをまず1cmずつに切ると、くずさずに切れます。このときもみそを煮立てないようにして。

  • みそ汁が再び煮立ちかけたら、ねぎを加え、すぐに火を止めます。みそ汁の味を引き立てる香味野菜には、ねぎのほか、みょうが、あさつき、しょうが、青じその葉などがあります。

レシピ掲載日: 1990.6.2

SHARE

関連キーワード

レシピを探す

豆腐を使った
その他のレシピ

注目のレシピ<PR>

人気レシピランキング

2021年03月09日現在

BOOK オレンジページの本

記事検索

SPECIAL TOPICS

オレンジページ 2021 3/17号

最新号

2021年3月2日発売

詳細・購入はこちら

バックナンバー

Fujisan.co.jp 雑誌のオンライン書店で定期購読をする


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
2/24(水)~3/8(月)

オレンジページメンバーズ限定プレゼント

  • 暮らし

食材からレシピを探す