close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

なんとなーく味つけして、おいしかったりイマイチだったり。そんな人にオレぺから提案したいのが、いつでも100%味つけに成功する魔法の配合! 名づけて「味つけ黄金比率」。量りやすく、覚えやすいよう、できるかぎりシンプルな配合に。試作を重ねたオレぺの自信作なんです。

なすと豚バラのみそ炒め(鍋しぎ)いきなり料理上手に! 味つけ黄金比率ってすごい。

なんとなーく味つけして、おいしかったりイマイチだったり。そんな人にオレぺから提案したいのが、いつでも100%味つけに成功する魔法の配合! 名づけて「味つけ黄金比率」。量りやすく、覚えやすいよう、できるかぎりシンプルな配合に。試作を重ねたオレぺの自信作なんです。

たとえば、
「なすと豚バラのみそ炒め」
(鍋しぎ)の

味つけなら。

みそだれの黄金比率

なすと豚バラのみそ炒め(鍋しぎ)の味付け黄金比率は、みそ大さじ2:酒大さじ2:砂糖大さじ1

どんな味?

砂糖で甘みをしっかりきかせた、濃厚なみそだれ。炒めた具材にスムーズにからむよう、酒でほどよくゆるめています。

なすと豚バラのみそ炒め(鍋しぎ)

レシピ
なすと豚バラのみそ炒め

「鍋しぎ」とも呼ばれるこの料理は、甘めのみそ味が魅力。炒めたなすのとろっと柔らかなおいしさも、満喫できます。

材料(2人分)

  • なす 3個(約240g)
  • 豚バラ薄切り肉 120g
  • ピーマン 2個(約60g)
  • 赤唐辛子の小口切り 1/2本分
  • 〈みそだれ〉
  •  ・みそ 大さじ2
  •  ・酒 大さじ2
  •  ・砂糖 大さじ1
  • サラダ油

作り方

なすはへたを切り、ピーラーで皮をしま目にむく

野菜と肉を切る

なすはへたを切り、ピーラーで皮をしま目にむく(これで火の通りがよくなる)。大きめの一口大の乱切りにし、水に5分ほどさらしてざるに上げ、水けを拭く。ピーマンは縦半分に切ってへたと種を取り、小さめの一口大に切る。豚肉は長さ6~7cmに切る。みそだれの材料を混ぜる。

フライパンでなすを炒める

なすを炒め、取り出す

フライパンにサラダ油大さじ2を強めの中火で熱し、なすを入れて2~3分炒める。皮につやが出て、身にかるく焼き色がついたら取り出す。
POINT!
ちょっとひと手間ですが、なすだけを先に炒めておくことが大きなポイント。きちんと油が回り、中までとろっと仕上がります。

豚肉とピーマンを炒める

肉とピーマンを炒める

同じフライパンに豚肉を入れ、中火で1~2分炒める。色が変わって脂が出てきたら、ピーマン、赤唐辛子を加え、全体に油が回るまで30秒ほど炒める。

なすと豚バラのみそ炒め(鍋しぎ)を炒める

なすを戻し、仕上げる

2のなすを戻し入れ、みそだれを加える。たれが全体にからまるまで、手早く炒め合わせ、火を止める。
(1人分445kcal、塩分2.3ɡ)

カルボナーラペペロンチーノ
などのパスタや、
チヂミキッシュなどの
生地にも「黄金比率」が!

昔ながらの
基本料理だけじゃなく、
いまどきの定番も含む
100メニューの「黄金比率」を
1冊にまとめました。

「味つけ黄金比率」で基本の料理100

レシピ本『「味つけ黄金比率」で基本の料理100』表紙

味つけがうまくいかない人に贈る基本の料理本、できました! 豚のしょうが焼き、青椒肉絲、カルボナーラなど定番おかずの味つけを、すべて「黄金比率」で紹介。だれがいつ作っても、味つけがバチッと決まることを保証します。

好評発売中!

詳細・購入はこちら

料理/市瀬悦子 撮影/髙杉 純

SHARE

「味つけ黄金比率」の
おすすめ基本レシピ

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
11/30(火)~12/13(月)

あったかおでんや、おしゃれなスマートウォッチが当たる!