close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

なんとなーく味つけして、おいしかったりイマイチだったり。そんな人にオレぺから提案したいのが、いつでも100%味つけに成功する魔法の配合! 名づけて「味つけ黄金比率」。量りやすく、覚えやすいよう、できるかぎりシンプルな配合に。試作を重ねたオレぺの自信作なんです。

五目炊き込みご飯いきなり料理上手に! 味つけ黄金比率ってすごい。

なんとなーく味つけして、おいしかったりイマイチだったり。そんな人にオレぺから提案したいのが、いつでも100%味つけに成功する魔法の配合! 名づけて「味つけ黄金比率」。量りやすく、覚えやすいよう、できるかぎりシンプルな配合に。試作を重ねたオレぺの自信作なんです。

たとえば、基本の
炊き込みご飯の
味つけなら。

炊き込みご飯のたれ

炊き込みご飯のたれの黄金比率は、しょうゆ大さじ2:酒大さじ2:みりん大さじ2:塩小さじ1/4

どんな味?

ややしっかりめの甘辛味。ご飯だけで食べても満足できる濃さに仕上がります。しょうゆが多すぎると仕上がりが茶色くなるので、塩も使うのがポイント。

味つけ黄金比率で作る五目炊き込みご飯

レシピ
五目炊き込みご飯

鶏もも肉のうまみ、ごぼうやしいたけの風味がなじんだご飯がしみじみおいしい。やや甘めの、親しみやすいしょうゆ味です。

材料(3~4人分)

  • 米 2合(360ml)
  • 〈具〉
  •  鶏もも肉(小) 1枚(約200g)
  •  ごぼう 1/3本(約60g)
  •  にんじん 1/3本(約50g)
  •  生しいたけ 3個
  •  こんにゃく(アク抜きしたもの) 60g
  •  
  • 〈炊き込みご飯のたれ〉
  •  しょうゆ 大さじ2
  •  酒 大さじ2
  •  みりん 大さじ2
  •  塩 小さじ1/4
  •  

下準備

・米は炊く30分前に洗い、ざるに上げる。
・炊き込みご飯のたれの材料を混ぜる。

作り方

五目炊き込みご飯の具の下ごしらえ

具の下ごしらえをする

ごぼうは皮をたわしでこすって洗い、長さ3cmほどのささがきにする。水にさっとさらし、ざるに上げる。にんじんは皮をむき、こんにゃくとともに長さ3cmの細切りにする。しいたけは軸を切り、薄切りにする。鶏肉は小さめの一口大に切り、塩ひとつまみをふる。

炊飯器の内がまに米、炊き込みご飯の たれ、水を入れる

内がまに米、たれ、水を入れる

炊飯器の内がまに米とたれを加え、2合の目盛りまで水を注ぐ。手でさっと混ぜ、たれを均一にする。
〈POINT!〉
水分量は内がまの目盛りどおりでOK。先に米とたれを入れ、水を目盛りまでたしていけば、分量を間違うことがなくスムーズです。

炊き込みご飯の具をのせる

具をのせて炊く

ごぼう、にんじん、しいたけ、こんにゃくを広げて入れ、鶏肉をほぐしながら散らす。炊飯器のスイッチを入れ、普通に炊く。

炊き込みご飯を底から混ぜる

底から混ぜる

炊き上がったら、縁からぐるりとしゃもじを差し込んでから、底から大きく混ぜる。具が均一になったら、茶碗に盛る。
(1/4 量で424kcal、塩分2.0ɡ)

こんなふうに
あらゆる基本料理には
【味つけ黄金比率】があるんです。

カルボナーラペペロンチーノ
などのパスタや、
チヂミキッシュなどの
生地にも「黄金比率」が!

昔ながらの
基本料理だけじゃなく、
いまどきの定番も含む
100メニューの「黄金比率」を
1冊にまとめました。

「味つけ黄金比率」で基本の料理100

レシピ本『「味つけ黄金比率」で基本の料理100』表紙

味つけがうまくいかない人に贈る基本の料理本、できました! 豚のしょうが焼き、青椒肉絲、カルボナーラなど定番おかずの味つけを、すべて「黄金比率」で紹介。だれがいつ作っても、味つけがバチッと決まることを保証します。

好評発売中!

詳細・購入はこちら

料理/市瀬悦子 撮影/髙杉 純

SHARE

「味つけ黄金比率」の
おすすめ基本レシピ

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ