close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

なんとなーく味つけして、おいしかったりイマイチだったり。そんな人にオレぺから提案したいのが、いつでも100%味つけに成功する魔法の配合! 名づけて「味つけ黄金比率」。量りやすく、覚えやすいよう、できるかぎりシンプルな配合に。試作を重ねたオレぺの自信作なんです。

いきなり料理上手に! 味つけ黄金比率ってすごい。

なんとなーく味つけして、おいしかったりイマイチだったり。そんな人にオレぺから提案したいのが、いつでも100%味つけに成功する魔法の配合! 名づけて「味つけ黄金比率」。量りやすく、覚えやすいよう、できるかぎりシンプルな配合に。試作を重ねたオレぺの自信作なんです。

ナンプラーの風味が引き立つ、
濃厚な甘辛ガパオソースが
簡単に作れます。

このソースって、どんな味?

ナンプラー独特の風味や塩けと、オイスターソースの濃厚な甘みが絶妙にミックス。やや濃いめの味なので、白いご飯がどんどんすすみます。

このガパオソース、ほかにもこんなメニューに使えます!

焼きそばや炒飯の味つけに使うと、一気にエスニック風に。また、豆苗や空心菜などのシンプルな青菜炒めにもおすすめ。


レシピ
ガパオライス

濃厚な甘辛味に、ナンプラーやバジルの香りをしっかりきかせて風味抜群!
ひき肉は大きくほぐし、ボリュームを出します。

材料(2人分)

  • 鶏ひき肉 200ɡ
  • 赤パプリカ 1/2個(約70ɡ)
  • 玉ねぎ 1/4個(約50ɡ)
  • バジル 1パック(約10ɡ)
  • 赤唐辛子の小口切り 1本分
  • にんにくのみじん切り 1/2かけ分
  • 卵 2個
  • 温かいご飯 茶碗2杯分(約300ɡ)
  • 〈ガパオソース〉
  •  オイスターソース 大さじ2
  •  水 大さじ2
  •  ナンプラー 大さじ1
  •  砂糖 小さじ1
  •  
  • サラダ油

下準備

・パプリカは横半分に切り、縦に幅3~4mmに切る。
・玉ねぎは横半分に切り、縦に薄切りにする。
・バジルは葉を摘む。
・ガパオソースの材料を混ぜる。
・卵を小さめの器に1個ずつ割り入れる。

作り方


卵を揚げ焼きにする

フライパンにサラダ油大さじ2を入れ、中火で1分30秒ほど熱する。卵の器をフライパンに近づけて傾け、両端にそっと入れる(油はねに注意)。底がカリッとするまで1分30秒ほど焼き、取り出す。


ひき肉を炒める

フライパンをさっと拭き、サラダ油大さじ1を入れる。赤唐辛子、にんにくを入れて中火にかけ、香りが立つまでさっと炒める。ひき肉を加えて平らに広げ、色が半分変わるまでさわらずに焼きつける。木べらでざっとほぐし、さらに2分ほど炒める。
POINT!
ひき肉はかたまりを残したいので、さわらずに焼きつけます。ある程度固まってから、大きくほぐすのがポイント。


野菜を加え、味つけする

パプリカ、玉ねぎを加え、かるくしんなりとするまで1分ほど炒める。ガパオソースを回し入れ、かるく煮つめながら30秒ほど炒め合わせて火を止める。


バジルを加え、器に盛る

バジルを加え、全体をさっと混ぜ合わせる。器に温かいご飯を盛り、ガパオをかけ、卵をのせる。黄身をくずして、全体にからめながら食べる。
(1人分657kcal、塩分4.1ɡ)

カルボナーラペペロンチーノ
などのパスタや、
チヂミキッシュなどの
生地にも「黄金比率」が!

昔ながらの
基本料理だけじゃなく、
いまどきの定番も含む
100メニューの「黄金比率」を
1冊にまとめました。

「味つけ黄金比率」で基本の料理100

レシピ本『「味つけ黄金比率」で基本の料理100』表紙

味つけがうまくいかない人に贈る基本の料理本、できました! 豚のしょうが焼き、青椒肉絲、カルボナーラなど定番おかずの味つけを、すべて「黄金比率」で紹介。だれがいつ作っても、味つけがバチッと決まることを保証します。

好評発売中!

詳細・購入はこちら

料理/市瀬悦子 撮影/髙杉 純

SHARE

「味つけ黄金比率」の
おすすめ基本レシピ

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
09/27~10/17

【メンバーズ限定プレゼント】美しい髪と地肌のエイジングケアライン「ROOTH」!