close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

味つけ黄金比率の麻婆豆腐いきなり料理上手に! 味つけ黄金比率ってすごい。

なんとなーく味つけして、おいしかったりイマイチだったり。そんな人にオレぺから提案したいのが、いつでも100%味つけに成功する魔法の配合! 名づけて「味つけ黄金比率」。量りやすく、覚えやすいよう、できるかぎりシンプルな配合に。試作を重ねたオレぺの自信作なんです。

たとえば、本格派
麻婆豆腐の
味つけなら。

麻婆豆腐の味つけ

麻婆豆腐の味つけ黄金比率は、中華スープ3/4カップ:甜麺醤大さじ1:しょうゆ大さじ1:豆板醤小さじ1

※熱湯3/4カップに鶏ガラスープの素(顆粒)小さじ1を溶かしたもの。

どんな味?

こくのある甜麺醤(テンメンジャン)をベースにした、甘さ控えめのきりりとした味つけです。中辛に仕上がるので、豆板醤(トウバンジャン)の量で辛みの調節を。

麻婆豆腐

レシピ
麻婆豆腐

深いうまみがあとを引く本格派! 中華の甘みそ「甜麺醤」が味の決め手です。豆板醤とともによく炒め、香りを引き出して。

材料(2人分)

  • 木綿豆腐 1丁(約300g)
  • 豚ひき肉 120g
  • ねぎの粗いみじん切り 1/3本分
  • しょうがのみじん切り 1/2かけ分
  • にんにくのみじん切り 1/2かけ分
  • 〈麻婆ソース〉
  •  ・中華スープ※ 3/4カップ
  •  ・甜麺醤 大さじ1
  •  
  • しょうゆ 大さじ1
  • 豆板醤小さじ1
  • 〈水溶き片栗粉〉
  •  ・片栗粉 小さじ1
  •  ・水 小さじ2
  •  
  • 花椒粉(なければ粉山椒) 適宜
  • サラダ油
  • ※熱湯3/4カップに鶏ガラスープの素(顆粒)小さじ1を溶かしたもの。

作り方

麻婆豆腐の作り方 豆腐をレンジで水切りする

豆腐をレンジで水きりする

豆腐は水けをきり、2cm角に切る。直径約20cmの耐熱皿にペーパータオルを敷き、豆腐を重ならないように並べ入れる。ラップをかけずに、電子レンジで1 分30秒ほど加熱する。水溶き片栗粉の材料を混ぜる。
〈POINT〉
豆腐は切ってから温めると、切り口からスピーディに水分が出てきます。余分な水分を抜いておくことで、味のしみ込みが格段にアップ。

麻婆豆腐の作り方 ひき肉を炒め、 味つけする 

ひき肉を炒め、味つけする

フライパンにサラダ油大さじ1、しょうが、にんにくを入れ、中火にかける。香りが立つまで炒め、ひき肉を加えて3分ほど炒める。豆板醤、甜麺醤を加え、ひき肉全体に色がなじむまで30秒ほど炒める。

麻婆豆腐の作り方 スープ、 豆腐を加えて煮る

スープ、豆腐を加えて煮る

フライパンにスープ、しょうゆを加えて混ぜ、煮立ったら豆腐を加えてひと混ぜする。再び煮立ったら、弱めの中火で2分ほど煮る。ねぎを加え、さっと混ぜる。

麻婆豆腐の作り方 とろみをつける

とろみをつける

水溶き片栗粉をもう一度混ぜ、具をよけて煮汁の部分に少しずつ加える。すぐに混ぜ、煮汁全体にとろみをつける(木べらを底に垂直に立てて動かすと、豆腐がくずれにくい)。器に盛り、花椒粉をふる。
(1人分353kcal、塩分3.3ɡ)

こんなふうに
あらゆる基本料理には
【味つけ黄金比率】があるんです。

カルボナーラペペロンチーノ
などのパスタや、
チヂミキッシュなどの
生地にも「黄金比率」が!

昔ながらの
基本料理だけじゃなく、
いまどきの定番も含む
100メニューの「黄金比率」を
1冊にまとめました。

「味つけ黄金比率」で基本の料理100

レシピ本『「味つけ黄金比率」で基本の料理100』表紙

味つけがうまくいかない人に贈る基本の料理本、できました! 豚のしょうが焼き、青椒肉絲、カルボナーラなど定番おかずの味つけを、すべて「黄金比率」で紹介。だれがいつ作っても、味つけがバチッと決まることを保証します。

好評発売中!

詳細・購入はこちら

料理/市瀬悦子 撮影/髙杉 純

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
5/6(木)~5/17(月)

オレンジページメンバーズ限定プレゼント

  • 美容