close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

なんとなーく味つけして、おいしかったりイマイチだったり。そんな人にオレぺから提案したいのが、いつでも100%味つけに成功する魔法の配合! 名づけて「味つけ黄金比率」。量りやすく、覚えやすいよう、できるかぎりシンプルな配合に。試作を重ねたオレぺの自信作なんです。

味つけ黄金比率で作った肉じゃがいきなり料理上手に! 味つけ黄金比率ってすごい。

なんとなーく味つけして、おいしかったりイマイチだったり。そんな人にオレぺから提案したいのが、いつでも100%味つけに成功する魔法の配合! 名づけて「味つけ黄金比率」。量りやすく、覚えやすいよう、できるかぎりシンプルな配合に。試作を重ねたオレぺの自信作なんです。

たとえば、定番煮もの
「肉じゃが」の
味つけなら。

肉じゃがの甘辛つゆの味つけ黄金比率

肉じゃがの味つけ黄金比率は、水1と1/2カップ:しょうゆ大さじ3:みりん大さじ2:砂糖大さじ1

どんな味?

王道の甘辛しょうゆ味に仕上がる煮ものつゆ。みりんと砂糖を両方加え、力強い甘みと照りを出します。使いみちが広く、必ずマスターしたいつゆ。

味つけ黄金比率で作った肉じゃが

レシピ
肉じゃが

ほっくりと煮えたじゃがいもは、甘辛味がしみしみ。牛肉は先に炒めていったん取り出すと、パサついたり、ちぎれたりする心配なし!

材料(2~3人分)

  • じゃがいも 3個(約450g)
  • 牛こま切れ肉 150g
  • 玉ねぎ  1/2個(約100g)
  • にんじん 1/2本(約80g)
  • 〈甘辛つゆ〉
  •  水 1と1/2カップ
  •  しょうゆ 大さじ3
  •  みりん 大さじ2
  •  砂糖 大さじ1
  •  
  • サラダ油

下準備

オーブン用シートの落としぶた・じゃがいもは皮をむいて4つ割りにし、5分ほど水にさらして水けをきる。
・玉ねぎは幅1.5cmのくし形切りに、にんじんは皮をむき、小さめの一口大の乱切りにする。
・甘辛つゆの材料を混ぜる。
・落としぶたを作る。直径26cmに切ったオーブン用シートを8つ折りにし、写真のように頂点を5mmほど切り、左右の辺に三角の切り込みを3カ所入れて完成。オーブン用シートがなければ、直径26cmのアルミホイルを同様に折って作ればOK。

作り方

肉じゃがの牛肉を炒めていったん取り出す

肉を炒め、取り出す

フライパンにサラダ油大さじ1/2を中火で熱し、牛肉を炒める。肉の色が変わるまで1分ほど炒め、取り出す。いったん取り出し、煮る直前に戻すことで堅くなりにくい。

肉じゃがの材料の野菜を炒め、 つゆを加える

野菜を炒め、つゆを加える

1のフライパンをさっと拭き、サラダ油大さじ1/2を入れて中火で熱する。じゃがいも、にんじん、玉ねぎを入れ、いもの角が透き通るまで2分ほど炒める。牛肉を戻して甘辛つゆを加え、煮立ったらアクを取る。

落としぶたを して煮る

落としぶたをして煮る

落としぶたをし、煮くずれないよう様子をみながら、弱めの中火で10~12分煮る( つゆがふつふつと泡立つくらいの火加減をキープする)。途中で1~2回上下を返すと、火の通りが均一になる。
〈POINT!〉
少なめのつゆをなじませたいときは、落としぶたが必須! つゆが落としぶたに当たって落ち、全体にいきわたります。

肉じゃがを煮つめて 仕上げる

煮つめて仕上げる

じゃがいもに竹串を刺してみて、すーっと通ったらOK。落としぶたを取って強めの中火にし、そっと上下を返しながら2~3分煮つめる。煮汁が1/3量くらいになったら、火を止める。
(1/3量で339kcal、塩分2.7ɡ)

こんなふうに
あらゆる基本料理には
【味つけ黄金比率】があるんです。

カルボナーラペペロンチーノ
などのパスタや、
チヂミキッシュなどの
生地にも「黄金比率」が!

昔ながらの
基本料理だけじゃなく、
いまどきの定番も含む
100メニューの「黄金比率」を
1冊にまとめました。

「味つけ黄金比率」で基本の料理100

味つけがうまくいかない人に贈る基本の料理本、できました! 豚のしょうが焼き、青椒肉絲、カルボナーラなど定番おかずの味つけを、すべて「黄金比率」で紹介。だれがいつ作っても、味つけがバチッと決まることを保証します。

好評発売中!

詳細・購入はこちら

料理/市瀬悦子 撮影/髙杉 純

SHARE

「味つけ黄金比率」の
おすすめ基本レシピ

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ