close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

味つけ黄金比率で作る親子丼いきなり料理上手に! 味つけ黄金比率ってすごい。

なんとなーく味つけして、おいしかったりイマイチだったり。そんな人にオレぺから提案したいのが、いつでも100%味つけに成功する魔法の配合! 名づけて「味つけ黄金比率」。量りやすく、覚えやすいよう、できるかぎりシンプルな配合に。試作を重ねたオレぺの自信作なんです。

たとえば、基本の
「親子丼」の
味つけなら。

丼つゆの黄金比率

丼つゆの味つけ黄金比率は、だし汁1/2カップ:しょうゆ大さじ2:みりん大さじ2:砂糖大さじ1

どんな味?

王道の甘辛しょうゆ味。濃いめの甘じょっぱさでご飯がすすむ丼つゆです。2 人分としては少し量が多く、つゆだくぎみになるので、好みで調整を。

味つけ黄金比率で作る親子丼

レシピ
親子丼

とろっ、ふわっとした卵の「半熟感」が絶妙! 甘じょっぱいつゆと、鶏もものうまみで、食べごたえも満点です。

材料(2人分)

  • 卵 3個
  • 鶏もも肉(小) 1枚(約200g)
  • 玉ねぎ 1/2個(約100g)
  • 温かいご飯 どんぶり2杯分(約400g)
  • 〈丼つゆ〉
  •  だし汁 1/2カップ
  •  しょうゆ 大さじ2
  •  みりん 大さじ2
  •  砂糖 大さじ1
  •  
  • 三つ葉 適宜

下準備

・玉ねぎは縦に薄切りにする。
・三つ葉は根元を切り、長さ3cmに切る。
・鶏肉は余分な脂肪を取り、小さめの一口大に切る。

作り方

親子丼の具を つゆで煮る

2人分の具をつゆで煮る

直径約20cmのフライパンにつゆの材料を入れて混ぜ、中火にかける。煮立ったら、玉ねぎ、鶏肉を加え、ときどき返しながら6分ほど煮て火を止める。

親子丼の卵黄を取り分け、 卵をざっと溶く

卵黄を取り分け、卵をざっと溶く

卵をボールに割り入れ、卵黄1個分をそっと取り出してとっておく。菜箸で卵を5~6回混ぜて粗く溶く。白身の大きなかたまりがなくなったら(写真参照)、すぐに混ぜるのをやめる。器に温かいご飯を盛る。
〈POINT!〉
卵はとにかく「混ぜすぎない」こと! 残しておいた白身のかたまりが、仕上がりのとろっとした食感につながります。

親子丼の具を1人分ずつ 卵とじにする

1人分ずつ卵とじにする

フライパンの鶏肉、玉ねぎ、煮汁の各1/2量を取り出す(煮汁の1/2量の目安は約大さじ4)。残りの具と煮汁を中火にかける。煮立ったら溶き卵の1/2量を回しかけ、すぐにふたをして、30秒~1分煮る。ときどきフライパンを揺らし、卵が鍋肌にくっつくのを防ぐ。

親子丼の具をご飯にのせる

ご飯にのせ、卵黄をかける

親子丼に卵黄をかけるフライパンを傾け、具をずらしながらご飯にのせる(むずかしければ、具を下からフライ返しで支える)。とっておいた卵黄を溶いて1/2量を回しかけ、三つ葉の1/2量を添える。残りも同様に仕上げる。
(1人分747kcal、塩分3.2ɡ)

こんなふうに
あらゆる基本料理には
【味つけ黄金比率】があるんです。

カルボナーラペペロンチーノ
などのパスタや、
チヂミキッシュなどの
生地にも「黄金比率」が!

昔ながらの
基本料理だけじゃなく、
いまどきの定番も含む
100メニューの「黄金比率」を
1冊にまとめました。

「味つけ黄金比率」で基本の料理100

味つけがうまくいかない人に贈る基本の料理本、できました! 豚のしょうが焼き、青椒肉絲、カルボナーラなど定番おかずの味つけを、すべて「黄金比率」で紹介。だれがいつ作っても、味つけがバチッと決まることを保証します。

好評発売中!

詳細・購入はこちら

料理/市瀬悦子 撮影/髙杉 純

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
5/6(木)~5/17(月)

オレンジページメンバーズ限定プレゼント

  • 美容