close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

砂ぎものから揚げ 納豆しょうゆがけ

かりっと揚げた砂ぎもに、とろりとした納豆しょうゆが新鮮な味わい。たれがからみやすいので、味がひとつにまとまります。

料理:

撮影: 平良 耕(クラッカースタジオ)

砂ぎものから揚げ 納豆しょうゆがけ

材料 (2人分)

  • 砂ぎも 300g
  • そら豆 10個
  • トマト 1/2個
  • 水菜 1/2わ
  • 納豆しょうゆ(作りやすい分量)
  •   納豆 1/2パック
  •   ねぎ 1/2本
  •   しょうゆ 大さじ4
  •   酒 大さじ2
  •   みりん 大さじ2
  • 白いりごま 適宜 
  • 片栗粉 揚げ油

作り方

  • <b>納豆しょうゆを作る</b>
ねぎはみじん切りに、納豆は包丁でたたいて細かく刻む。鍋にしょうゆ、酒、みりんを入れて強火にかけ、しっかり煮立てて火を止める。納豆、ねぎを加えてよく混ぜ、そのままさます。

    納豆しょうゆを作る
    ねぎはみじん切りに、納豆は包丁でたたいて細かく刻む。鍋にしょうゆ、酒、みりんを入れて強火にかけ、しっかり煮立てて火を止める。納豆、ねぎを加えてよく混ぜ、そのままさます。

  • <b>砂ぎもの処理をする</b>
砂ぎもの白い皮の部分を下にしてまな板に置き、中心から刃を入れて白い部分を削ぎ取りながら2つを切り離す。それぞれ残った白い部分を同様に下にして置き、砂ぎもを回しながら皮をそぎ取る。

    砂ぎもの処理をする
    砂ぎもの白い皮の部分を下にしてまな板に置き、中心から刃を入れて白い部分を削ぎ取りながら2つを切り離す。それぞれ残った白い部分を同様に下にして置き、砂ぎもを回しながら皮をそぎ取る。

  • <b>野菜の準備</b>
そら豆は皮の黒い筋(お歯黒)に浅く切り目を入れ、熱湯で色よくゆでる。ざるに上げて粗熱を取り、皮をむいて半分に割る。水菜は長さ3~4cmに切る。トマトはへたを取って砂ぎも大に切る。

    野菜の準備
    そら豆は皮の黒い筋(お歯黒)に浅く切り目を入れ、熱湯で色よくゆでる。ざるに上げて粗熱を取り、皮をむいて半分に割る。水菜は長さ3~4cmに切る。トマトはへたを取って砂ぎも大に切る。

  • <b>砂ぎもを揚げる</b>
砂ぎもに片栗粉適宜をまぶし、余分な粉をはたく。フライパンに揚げ油を高さ2cmほど入れて中火にかけ、砂ぎもを1つ入れてみて、まわりに大きな泡がシュワシュワと勢いよく立ったら(中温・170℃)、全量を入れて揚げる。1~2分揚げてカリッとしたら、揚げ網で取り出して油をきる。

    砂ぎもを揚げる
    砂ぎもに片栗粉適宜をまぶし、余分な粉をはたく。フライパンに揚げ油を高さ2cmほど入れて中火にかけ、砂ぎもを1つ入れてみて、まわりに大きな泡がシュワシュワと勢いよく立ったら(中温・170℃)、全量を入れて揚げる。1~2分揚げてカリッとしたら、揚げ網で取り出して油をきる。

  • <b>仕上げ</b>
器に水菜を敷き、砂ぎも、そら豆、トマトを彩りよくのせる。納豆しょうゆをかけ、白いりごまをふる。

    仕上げ
    器に水菜を敷き、砂ぎも、そら豆、トマトを彩りよくのせる。納豆しょうゆをかけ、白いりごまをふる。

なるほどメモ
作った納豆しょうゆは、保存びんなどに入れておけば冷蔵庫で2週間ストックできます。ご紹介する長いも以外にも、いか、まぐろの刺し身、豆腐、サラダなどにかければ、たちまちおいしい酒の肴に。


「長いもの納豆しょうゆがけ」

材料(2人分)と作り方
【1】オクラ3本はがくのまわりを包丁で薄くそぎ取り、塩少々を入れた熱湯でゆでて小口切りにする。
【2】みょうが2個は薄切りにして水にさらし、水けをよくきる。
【3】長いも150gは皮をむいて長さ5cmのせん切りにする。
【4】器に長いもを立体的に盛り、オクラを周囲に散らしてみょうがを上にのせる。納豆しょうゆ大さじ3を回しかけ、いりごまをふる。

レシピ掲載日: 2012.5.8

SHARE

関連キーワード

レシピを探す

砂肝を使った
その他のレシピ

注目のレシピ<PR>

人気レシピランキング

2021年10月16日現在

BOOK オレンジページの本

記事検索

SPECIAL TOPICS


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

食材からレシピを探す