close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

豚バラ肉とエシャレット、セロリの塩ポン酢あえ

濃厚なバラ肉と、さっぱり味のエシャレットとの組み合わせが抜群。塩昆布、塩ポン酢、かつお節の〈うまみ三重奏〉で文句なしの味わいに。

料理:

撮影: 平良 耕、山下裕司(クラッカースタジオ)

豚バラ肉とエシャレット、セロリの塩ポン酢あえ

材料 (2人分)

  • 豚バラかたまり肉(またはカレー用角切り肉) 100g
  • エシャレット 1パック(5~6本)
  • セロリの茎 1本分  
  • アク抜き用
  •  塩 少々
  •  レモン汁 少々 
  • 塩昆布 15g
  • 市販の塩ポン酢 大さじ2
  • 削り節 適宜

作り方

  • 【エシャレットのえぐみを抜く】
エシャレットは緑色の茎の部分と根元を切り落とし、縦にせん切りにする。えぐみが強いので水に10分ほどさらしておく。

    【エシャレットのえぐみを抜く】
    エシャレットは緑色の茎の部分と根元を切り落とし、縦にせん切りにする。えぐみが強いので水に10分ほどさらしておく。

  • 【セロリに塩とレモン汁をからめてアクを抜く】
セロリはピーラーなどで筋をそぎ落とし、幅3mmの斜め切りにする。ボールに入れて塩、レモン汁をふり、手でさっくりと混ぜて10分ほどおく。レモン汁を入れるとセロリ独特の臭みが抜ける。

    【セロリに塩とレモン汁をからめてアクを抜く】
    セロリはピーラーなどで筋をそぎ落とし、幅3mmの斜め切りにする。ボールに入れて塩、レモン汁をふり、手でさっくりと混ぜて10分ほどおく。レモン汁を入れるとセロリ独特の臭みが抜ける。

  • 【バラ肉を焼きつける】
豚バラ肉は一口大に切る。フッ素樹脂加工のフライパンを油をひかずに強めの中火で熱し、バラ肉を入れて焼く。肉から溶け出た脂で揚げ焼きするように火を通し、表面がカリッとしたら取り出して脂をきる。

    【バラ肉を焼きつける】
    豚バラ肉は一口大に切る。フッ素樹脂加工のフライパンを油をひかずに強めの中火で熱し、バラ肉を入れて焼く。肉から溶け出た脂で揚げ焼きするように火を通し、表面がカリッとしたら取り出して脂をきる。

  • 【野菜の水けをしっかりきる】
ざるに上げたエシャレットとセロリをペーパータオルではさみ、両手をぎゅっと押しつけて、水けをしっかりときる。

    【野菜の水けをしっかりきる】
    ざるに上げたエシャレットとセロリをペーパータオルではさみ、両手をぎゅっと押しつけて、水けをしっかりときる。

  • 【塩ポン酢であえる】
ボールにエシャレット、セロリ、バラ肉、塩昆布を合わせ、塩ポン酢を加えてさっくりとあえる。器に山高く盛り、削り節をのせる。

    【塩ポン酢であえる】
    ボールにエシャレット、セロリ、バラ肉、塩昆布を合わせ、塩ポン酢を加えてさっくりとあえる。器に山高く盛り、削り節をのせる。

塩ポン酢を作ろう

材料(作りやすい分量)
昆布(10×10cm) 1枚
塩 大さじ3(約40g)
砂糖 大さじ3(約30g)
はちみつ 大さじ1と1/3(約30g)
米酢 80ml
ゆず、かぼすなどのかんきつ類の絞り汁 1/2カップ
削り節 ひとつかみ(約20g)

作り方
【1】鍋に削り節以外の材料をすべて入れ、中火にかける。ふつふつとしてきたら、昆布を入れたまま5分煮る。
【2】 削り節を入れて火を弱め、アクが出てきたらすくい取って、すぐに火を止める。万能こし器にペーパータオルを敷いてこし、完全にさめたら熱湯消毒した密閉容器に入れる。冷蔵庫で2週間保存できる。

塩ポン酢は鍋ものはもちろん、サラダや湯豆腐、納豆などとからめてもおいしくいただけます。

レシピ掲載日: 2011.8.30

SHARE

関連キーワード

レシピを探す

豚バラ肉を使った
その他のレシピ

注目のレシピ<PR>

人気レシピランキング

2021年10月16日現在

BOOK オレンジページの本

記事検索

SPECIAL TOPICS


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

食材からレシピを探す