close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

帆立てとたけのこの春巻き

帆立てのうまみがたっぷりのやさしい味わい。たけのことパリパリの皮の歯ごたえを楽しんで。

料理:

撮影: 川浦堅至

帆立てとたけのこの春巻き

材料 (4人分)

  • 春巻きの皮 8枚
  • 帆立て貝柱 250g
  • たけのこの水煮 80g
  • きくらげ 4個
  • ねぎのみじん切り 小さじ2
  • 木の芽 少々
  • 卵白(卵黄はのりに使用) 1/2個分
  • 調味料
  •  塩 小さじ1/2
  •  砂糖 小さじ1と1/2
  •  酒 小さじ1と1/2
  •  薄口しょうゆ 小さじ1
  •  ごま油 小さじ1強
  •  こしょう少々
  • 貝割れ菜 適宜
  • レモン 適宜
  • 片栗粉
  • 揚げ油
  • のり
  •  卵黄 1個分
  •  片栗粉 大さじ1

熱量 296kcal(1人分)

作り方

  • たけのこは長さ3~4cmの細切りにする。きくらげは水につけて柔らかくもどし、長さ3~4cmのせん切りにする。木の芽は、包丁でたたくようにして3つ~4つに切る。帆立ては細かく刻み、さらに包丁で粒が残るくらいまでかるくたたく。貝割れ菜は根元を切る。

  • ボールに帆立てを入れ、調味料を表記の順に加えながら混ぜ、粘りが出るまで練る。たけのこ、きくらげ、ねぎと木の芽を混ぜ合わせ、さらに卵白と片栗粉小さじ1と1/2を順に加えてよく混ぜる。

  • 卵黄と片栗粉大さじ1をスプーンでよく混ぜる。全体がとろりとするまで、水適宜を少しずつ加えて混ぜ、のりを作る。

  • 春巻きの皮は1枚ずつていねいにはがし、なめらかな面を下にして置く。8等分にした具を皮の手前にのせる。

  • 皮と具にすきまができないように、皮を押さえながら2回ほどきっちりと巻く。

  • わきもすきまができないように、具の両端を指で押さえてから、皮を内側に折り、中央で合わせる。このとき左右の皮が重なると、厚みが出て歯ざわりが悪くなるので気をつけて。

  • のりを塗り、皮を押さえながら、最後まできっちりと巻く。残りも同様に巻く。

  • 中温の油に、春巻きを3本くらいずつ入れ、上下を返しながら揚げる。薄く色づいたら取り出して、油をきる(冷凍・冷蔵する場合は、この時点で保存し、食ベる前にもう一度揚げる)。

  • 火を少し強め、揚げ油を180℃以上(のりを数滴落とすとパッと散る程度)に熱し、春巻きをもう一度、こんがりときつね色になるまで揚げる(二度揚げ)。皿に盛り、貝割れ菜を添える。レモンを絞りかけていただく。
    (1人分296kcal)

レシピ掲載日: 1996.3.17

SHARE

関連キーワード

レシピを探す

ホタテを使った
その他のレシピ

注目のレシピ<PR>

人気レシピランキング

2021年03月08日現在

BOOK オレンジページの本

記事検索

SPECIAL TOPICS

オレンジページ 2021 3/17号

最新号

2021年3月2日発売

詳細・購入はこちら

バックナンバー

Fujisan.co.jp 雑誌のオンライン書店で定期購読をする


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
2/24(火)~3/8(火)

オレンジページメンバーズ限定プレゼント

  • 暮らし

食材からレシピを探す