レシピをさがす

  1. HOME
  2. オレンジページ☆デイリー
  3. 極上のおいしさ! 自家製『いわしのオイル煮』
オレンジページ☆デイリー

2020.6.16

極上のおいしさ! 自家製『いわしのオイル煮』

今回ご紹介するのは自家製の『いわしのオイル煮』の作り方。

脂ののった旬のいわしを使った、極上のレシピです。

 

一度作れば、もう病みつき!

身はもちろんのこと、うまみの染みだしたオイルも最高に美味ですよ。

 

まずは、いわしを手開きするところからご覧ください。

 

●いわしの手開き

下準備

いわしは胸びれのつけ根から頭を落とす。切り口から腹の部分を4~5cm斜めに切り落とし、包丁の刃先で内臓をかき出す。腹の中をよく洗い、水けをしっかりと拭く。

 

(1)

頭の切り口から尾に向かい、中骨にそって親指をすべらせて開く。

 

(2)

尾のつけ根の骨を、ぼきっと折る。

 

(3)

片手で身を押さえながら、尾から頭のほうに向かい、ゆっくりと中骨をはがす。

 

さあ、準備は整いました!

それではいわしをオイルで煮ていきましょう!

 

●『いわしのオイル煮』

材料(作りやすい分量)

いわし(手開きにしたもの、上記参照)……8尾分(正味350g)

 

〈A〉

にんにくの薄切り……2かけ分

赤唐辛子……1~2本

ローリエ……1枚

 

塩……小さじ1強

オリーブオイル……1カップ弱

 

【作り方】

(1)

いわしは背びれを切り取りながら、縦半分に切る。腹骨をそぎ取り、尾を落とす。

 

(2)

皮目を下にしてバットに並べる。身に塩(いわしの重さに対し2%が目安)をふり、冷蔵庫に1時間ほど置く。

 

(3)

(2)の水けをしっかりと拭く。フライパンに皮目を上にし、重ならないように並べ入れる。Aをのせ、オリーブオイルをひたひたになるまで注ぐ。

 

(4)

強めの中火にかけ、ふつふつとしたら弱火にし15分ほど煮る。そのままさまし、さめたら油ごと清潔な密閉容器に入れ、冷蔵保存する(一晩おくと味がなじむ、冷蔵の目安:2週間)。

 

う~ん、ふっくらとした身が絶品。

ひと口食べればあまりのおいしさに、しばらく目をつぶってしまいます(実際につぶってしまいました)。

 

そのまま食べてもおいしいけれど、パスタにしたり、グリルしたなすとともにサンドイッチにしても最高。

身もオイルも、日がたつにつれて味がなじんでどんどんおいしくなるので、毎日が寝るのが楽しみになりますよ♪

 

贅沢すぎる旬の手仕事『いわしのオイル煮』。

ぜひ一度作ってみて!

 

料理/飛田和緒 撮影/邑口京一郎 文/編集部・持田

『2020オレンジページCooking夏』より)

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ7/17号

オレンジページ7/17号

2020年7月2日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康 Vol.15

おとなの健康 Vol.15

2020年4月16日発売

詳細・購入はこちら

ちぎりパン BY ORANGEPAGE 発売中

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!

ジュニア料理選手権スピンオフ