レシピをさがす

  1. HOME
  2. レシピ検索
  3. 鶏肉
  4. 鶏むね肉
  5. ゆで鶏と〈だし〉の冷やし麺

ゆで鶏と〈だし〉の冷やし麺

刻んだ夏野菜をしょうゆ漬けにした郷土料理〈だし〉にヒントを得た一品。柔らかなゆで鶏とそのゆで汁をフル活用して味わってほしい

料理:

撮影: 松本祥孝

ゆで鶏と〈だし〉の冷やし麺
  • 熱量 566kcal(1人分)
  • 塩分 3.0g(1人分)

材料 (2人分)

  • そうめん 4束(約200g)
  • 鶏胸肉 1枚(約200g)
  • ねぎの青い部分、しょうがの皮 各少々
  • だし
  •  きゅうり 小1本(約80g)
  •  なす 1個(約80g)
  •  みょうが 2個
  •  しょうが 1かけ
  •  青じその葉 6枚
  •  しょうゆ 大さじ2と1/2~3

作り方

鶏肉はぬるま湯でさっと洗い、水けをきる。小鍋に湯1と1/2カップを沸かし、酒大さじ1とねぎの青い部分、しょうがの皮を入れる。鶏肉を加えて弱火にし、5分ほどゆでる。火を止めてふたをし、10~15分おいて、余熱で火を通す(肉の厚い部分を菜箸で押し、弾力があればOK)。ふたを取り、鶏肉をゆで汁につけたまま鍋底を氷水に当ててさます。
「だし」を作る。なすはへたを切り、きゅうりとともに7~8mm角に切る。みょうがは縦4等分に切ってから幅7~8mmの小口切りにする。しょうがは皮をむいて粗みじんに刻む。青じそは軸を切り、7~8mm四方に切る。すべて密閉容器に入れ、しょうゆを加えて混ぜ、冷蔵庫で30分以上、野菜から水分が出てくるまでおく。
鍋にたっぷりの湯を沸かし、そうめんを入れて袋の表示どおりにゆでる。ざるに上げて流水の下で洗い、水けをきる。等分に器に盛り、「だし」を汁ごと盛る。鶏肉を食べやすく切ってのせ、鶏のゆで汁を、ねぎとしょうがの皮を取り除いて注ぐ。

☆ポイント
【1】のゆで鶏は汁につけたまま密閉容器に入れ、冷蔵庫で1~2日保存可能。【2】の「だし」は、同様にして3日ほど保存可能。

レシピ掲載日:2010.6.2

レシピを探す

オレンジページnetのBESTおかず

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ10/2号

オレンジページ10/2号

2019年9月17日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康 Vol.12

おとなの健康 Vol.12

2019年9月17日発売

詳細・購入はこちら

ちぎりパン BY ORANGEPAGE 発売中

ジュニア料理選手権

オレンジページ大感謝まつり2019

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!