レシピをさがす

  1. HOME
  2. レシピ検索
  3. 野菜
  4. 春 旬野菜
  5. そら豆
  6. そら豆とえびのかき揚げ

そら豆とえびのかき揚げ

ほくほくのそら豆、ぷりっとしたえび、サクサクのころもの食感を、ぜひ揚げたてで味わって。

料理:

撮影:

そら豆とえびのかき揚げ
  • 調理時間 
  • 熱量 421kcal(1人分)
  • 塩分 1.2g(1人分)

材料 (2人分)

  • そら豆(さやつき) 5~7本(約230g)
  •  (またはむき身のもの20粒〈約90g〉)
  • むきえび 8尾(50~60g)
  • 玉ねぎ 1/4個(約50g)
  • ころも
  •  溶き卵 1/2個分
  •  冷水 1/2カップ
  •  小麦粉 3/4カップ
  •   少々
  • 小麦粉 塩 揚げ油

下準備

【1】さやから出すときは、さやの両側を握って向こう側と手前にひねります。さやが開いたら、豆を取り出します。
【1】さやから出すときは、さやの両側を握って向こう側と手前にひねります。さやが開いたら、豆を取り出します。
【2】皮の黒っぽい部分の反対側に、包丁の刃元で浅い切り込みを1本入れます。こうすると、塩ゆでなど、皮つきのまま調理するときも味がしみ込みやすくなります。
【2】皮の黒っぽい部分の反対側に、包丁の刃元で浅い切り込みを1本入れます。こうすると、塩ゆでなど、皮つきのまま調理するときも味がしみ込みやすくなります。
【3】炒めものや揚げものは、皮をむいてから使うと火の通りが早く、食べやすくなります。【2】で入れた切れ目をとっかかりにして、中身を傷つけないようにていねいにむいて。

作り方

そら豆は上記「下準備」【1】~【3】を参照して同様にする。玉ねぎは1cm四方に切る。えびは背わたがあれば竹串などで取る。
そら豆は上記「下準備」【1】~【3】を参照して同様にする。玉ねぎは1cm四方に切る。えびは背わたがあれば竹串などで取る。
器にそら豆、えび、玉ねぎを入れ、小麦粉大さじ1をまぶす。ボールにころも用の溶き卵と冷水を入れて混ぜ、小麦粉と塩を加えて菜箸でさっくりと混ぜる。表面の粉っぽさがなくなったら、そら豆、えび、玉ねぎを加えて混ぜ、たねを作る。
器にそら豆、えび、玉ねぎを入れ、小麦粉大さじ1をまぶす。ボールにころも用の溶き卵と冷水を入れて混ぜ、小麦粉と塩を加えて菜箸でさっくりと混ぜる。表面の粉っぽさがなくなったら、そら豆、えび、玉ねぎを加えて混ぜ、たねを作る。
揚げ油を低めの中温(160~170℃。ころもを数滴落とすと、鍋底近くまで沈んで、すぐに浮いてくる程度)に熱し、2回に分けて揚げる。たねを1/8~1/6量ずつ大きめのスプーンですくって、3~4個しずかに油に落とし入れる。すぐに菜箸で、たねの中央を1~2回刺して薄く広げる(広がりすぎたら、菜箸ではさむようにして形を整える)。3~4分揚げ、油をきる。残りも同様に揚げて器に盛り、塩適宜を添える。
揚げ油を低めの中温(160~170℃。ころもを数滴落とすと、鍋底近くまで沈んで、すぐに浮いてくる程度)に熱し、2回に分けて揚げる。たねを1/8~1/6量ずつ大きめのスプーンですくって、3~4個しずかに油に落とし入れる。すぐに菜箸で、たねの中央を1~2回刺して薄く広げる(広がりすぎたら、菜箸ではさむようにして形を整える)。3~4分揚げ、油をきる。残りも同様に揚げて器に盛り、塩適宜を添える。

レシピ掲載日:2011.5.2

関連キーワード

レシピを探す

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ12/2号

オレンジページ12/2号

2018年11月16日発売

詳細・購入はこちら

2019オレンジページCooking冬

2019オレンジページCooking冬

2018年11月2日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康 Vol.9

おとなの健康 Vol.9

2018年10月16日発売

詳細・購入はこちら

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!

広告大賞発表

創刊33周年記念動画配信中!

第34回オレンジページ読者アンケート