close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

ふろふき大根

甘みのある中央の部分を使って、ゆっくりゆっくり、柔らかく煮ます。西京みそで甘めのやさしい味に。

料理:

撮影: 青山紀子

ふろふき大根

材料 (4人分)

  • 大根(できれば中央の部分) 16cm
  • 昆布(5×12cm) 1枚
  • 西京みそ 100g
  • 卵黄 1/2個分
  • だし汁 1/2カップ
  • ゆず 適宜
  • 砂糖
  • みりん

熱量 109kcal(1人分) 塩分 1.6g(1人分)

作り方

  • 大根は厚さ4cmの輪切りにして皮をむく。切り口の角を薄くそぎ取って面取りし、切り口の片面に十文字にかくし包丁を入れる。

  • 鍋に昆布を敷いて、大根を、かくし包丁を入れた面を下にして並べ、たっぷりの水を加えて火にかける。煮立ってきたら弱めの中火にし、落としぶたをして大根が柔らかくなるまで30~40分、ことこと煮る。

  • 別の鍋に西京みそ、卵黄、だし汁、砂糖大さじ2、みりん大さじ1を入れて弱火にかけ、しゃもじで混ぜながら、とろりとするまで練る。

  • 器に大根を盛り、煮汁少々をはる。合わせたみそをのせ、削ったゆずの皮(下記参照)を散らす。
    (1人分109kcal 塩分1.6g)

    ●冬の香り、ゆずの皮を使いこなす
    1.ゆずの皮は、大根のようにすりおろしては、水っぽくなって香りは立ちません。できるだけ目の細かい、銅製などの丈夫なおろし金を使い、ゆずの表面をひっかくようにして削ります。このとき、手に持ったゆずは、おろし金にたたきつけるようにひっかくとうまくいきます。
    2.おろした薬味などをおろし金から払う、ほうきに似た竹製の刷毛。これでゆずの皮をふろふき大根に散らすと、たちまちいい香りが立ちます。なければ、茶せんや竹串3~4本をまとめて代用するといいでしょう。

レシピ掲載日: 1999.1.16

SHARE

関連キーワード

レシピを探す

大根を使った
その他のレシピ

注目のレシピ<PR>

人気レシピランキング

2021年05月06日現在

BOOK オレンジページの本

記事検索

SPECIAL TOPICS

オレンジページ 2021 5/17号

最新号

2021年5月1日発売

詳細・購入はこちら

バックナンバー

Fujisan.co.jp 雑誌のオンライン書店で定期購読をする


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
5/6(木)~5/17(月)

オレンジページメンバーズ限定プレゼント

  • 美容

食材からレシピを探す