レシピをさがす

  1. HOME
  2. レシピ検索
  3. 野菜
  4. 黒豆
  5. 時短黒豆

時短黒豆

少量の重曹入りの湯で豆のもどし時間をぐんと短縮。落としぶたでふっくら煮えます。

料理:

撮影: 木村拓(東京料理写真)

時短黒豆
  • 熱量 203kcal(1/3量)
  • 塩分 0.8g(1/3量)

材料 (2~3人分)

  • 黒豆 100g
  • 〈煮汁〉
  •  熱湯 5カップ
  •  重曹(料理用) 小さじ1/5
  •  砂糖 100g
  •  塩 小さじ1/2
  •  しょうゆ 小さじ2

作り方

鍋に黒豆と、たっぷりの水を入れ、かるく混ぜて洗い、水けをきる。煮汁の熱湯、重曹を加え、ふたをして1時間おく。とろ火にかけ、30分ほどかけて沸騰させる。ふたをはずして中火にし、沸いたらアクを取る。

※30分たつ前に沸騰した場合は、大さじ1の差し水をしていったん温度を下げる。
鍋に黒豆と、たっぷりの水を入れ、かるく混ぜて洗い、水けをきる。煮汁の熱湯、重曹を加え、ふたをして1時間おく。とろ火にかけ、30分ほどかけて沸騰させる。ふたをはずして中火にし、沸いたらアクを取る。

※30分たつ前に沸騰した場合は、大さじ1の差し水をしていったん温度を下げる。
残りの煮汁の材料を加えてひと混ぜし、あれば鉄くぎ(下記参照)を入れる。とろ火にして落としぶた※をし、さらにふたを少しずらしてのせて1時間ほど煮る(丹波産など大粒の場合は1時間30分が目安)。
※ペーパータオルの中心に、小さく穴をあけたもの。
残りの煮汁の材料を加えてひと混ぜし、あれば鉄くぎ(下記参照)を入れる。とろ火にして落としぶた※をし、さらにふたを少しずらしてのせて1時間ほど煮る(丹波産など大粒の場合は1時間30分が目安)。
※ペーパータオルの中心に、小さく穴をあけたもの。
豆一粒を取り出し、煮えかげんを確認する(やけどに注意・堅ければ10分ずつ追加する)。指でつぶせる柔らかさになったら弱火にし、煮汁が、豆がギリギリつかる量になるまで5分ほど煮つめる。
豆一粒を取り出し、煮えかげんを確認する(やけどに注意・堅ければ10分ずつ追加する)。指でつぶせる柔らかさになったら弱火にし、煮汁が、豆がギリギリつかる量になるまで5分ほど煮つめる。

レシピ掲載日:2018.12.17

「鉄」で色止めを
鉄のくぎ4~5本をよく洗ってお茶用パックに入れ、黒豆とともに煮ると、豆の色が抜けにくくなり、美しい黒色に。なすを漬けるときなどに入れる鉄製の鋳物でもOK。

関連キーワード

レシピを探す

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ8/2号

オレンジページ8/2号

2020年7月17日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康Vol.16

おとなの健康Vol.16

2020年7月16日発売

詳細・購入はこちら

ちぎりパン BY ORANGEPAGE 発売中

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!

ジュニア料理選手権スピンオフ