close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

いり焼き

上品でこくのある汁が最高。地元ではぶりや、めじなでも作ります。

料理:

撮影: 松隈直樹

いり焼き

材料 (4人分)

  • ひらす(またはぶり)のあら 1尾分
  • ひらす(またはぶり)の刺し身 1さく
  • 白菜 1/4株
  • ねぎ 1本
  • 生しいたけ 6個
  • えのきだけ 1袋(約100g)
  • 木綿豆腐 1丁(約300g)
  • にんじんの飾り切り 適宜
  • うどん(ゆで) 適宜
  • 薄口しょうゆ 1/2カップ
  • 砂糖 酒

作り方

  • <b>材料を準備する</b>
あらは、さっと洗って水けを拭く(魚のにおいが気になる場合は熱湯を回しかける)。刺し身は幅7~8mmに切る。白菜は葉としんに切り分けて、ざく切りにする。ねぎは食べやすく切る。しいたけは軸を切る。えのきだけは根元を切って、食べやすくほぐす。豆腐は縦半分に切って、横に6等分に切る。

    材料を準備する
    あらは、さっと洗って水けを拭く(魚のにおいが気になる場合は熱湯を回しかける)。刺し身は幅7~8mmに切る。白菜は葉としんに切り分けて、ざく切りにする。ねぎは食べやすく切る。しいたけは軸を切る。えのきだけは根元を切って、食べやすくほぐす。豆腐は縦半分に切って、横に6等分に切る。

  • <b>鍋に煮汁を用意する</b>
鍋に水1.5リットルを入れ、強火にかける。煮立ってきたら砂糖50g、薄口しょうゆを入れ、よく混ぜて砂糖を溶かす。

    鍋に煮汁を用意する
    鍋に水1.5リットルを入れ、強火にかける。煮立ってきたら砂糖50g、薄口しょうゆを入れ、よく混ぜて砂糖を溶かす。

  • <b>あらを煮る</b>
鍋にあらを入れ、強めの中火で10~12分煮る。煮汁の味をみて酒適宜を加え、ほんのり甘みのある、まろやかな煮汁にする。

    あらを煮る
    鍋にあらを入れ、強めの中火で10~12分煮る。煮汁の味をみて酒適宜を加え、ほんのり甘みのある、まろやかな煮汁にする。

  • <b>野菜を入れて煮る</b>
野菜と豆腐を加え、野菜にほどよく火が通るまで中火で煮る。火を通しすぎないよう、温めながら煮汁ごといただく。

    野菜を入れて煮る
    野菜と豆腐を加え、野菜にほどよく火が通るまで中火で煮る。火を通しすぎないよう、温めながら煮汁ごといただく。

  • <b>しゃぶしゃぶにする</b>
野菜やあらを食べたら、煮汁を弱火で温めながら、刺し身をしゃぶしゃぶにしていただく(煮汁が煮つまっていたら湯適宜を注ぐ)。締めにうどんを加え、味を含ませていただく。

    しゃぶしゃぶにする
    野菜やあらを食べたら、煮汁を弱火で温めながら、刺し身をしゃぶしゃぶにしていただく(煮汁が煮つまっていたら湯適宜を注ぐ)。締めにうどんを加え、味を含ませていただく。

ひらすでもう一品!
「ひらすのみりん焼き」><br /><img src=
お弁当のおかずにもうれしい、照り焼き仕立て。

材料(2人分)と作り方
【1】
ひらすの切り身1/2切れは、幅1.5cmのそぎ切りにする。ボールにみりん、しょうゆ各大さじ2、塩、こしょう各少々を合わせ、たれを作る。
【2】フライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱し、ひらすを入れて両面を焼きつける。合わせたたれを入れ、味をからめながら照りよく仕上げる。器に盛り、好みで赤唐辛子適宜を飾る。

レシピ掲載日: 2012.10.23

SHARE

関連キーワード

レシピを探す

ぶりを使った
その他のレシピ

注目のレシピ<PR>

人気レシピランキング

2021年10月27日現在

BOOK オレンジページの本

記事検索

SPECIAL TOPICS


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

食材からレシピを探す