close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

ジェノベーゼ

フレッシュバジルの香りと松の実のこくがきいたソース。ミキサーを使えば簡単に作れます。

料理:

撮影: 大井一範

材料 (4人分)

  • スパゲティ(1.6mm) 400g
  • バジル 2束
  • オリーブ油(あればエクストラヴァージン) 1/2カップ
  • にんにく 1~2かけ
  • 松の実(なければくるみのむき身) 1/3カップ
  • レモンの絞り汁 1/2個分
  • 粉チーズ 大さじ3
  • 塩 適宜
  • 粗びき黒こしょう 少々
  • 飾り用のバジル 適宜

熱量 608kcal(1人分)

作り方

  • パスタをゆでる湯を沸かしはじめる。バジルは葉を摘んで洗い、4~5枚ずつ、ペーパータオルなどでていねいに水けを拭く。ここで水けが残っていると、ソースが水っぽくなってしまう。パスタをゆではじめる(下記参照)

  • バジルを手で2つ~3つにちぎってミキサーに入れ、オリーブ油を加えて回し、ぺースト状にする。回りにくいときは、さらにオリーブ油適宜を加えて。

  • にんにく、松の実(なければくるみ)、レモン汁、塩、黒こしょうをミキサーに加え、なめらかなペースト状になるまで、さらに撹袢する。多少松の実の粒が残っていてもOK。

  • 2/3量をボールなどにあけ、粉チーズを加えてよく混ぜ合わせる。パスタを加えて手早く混ぜ合わせる。まんべんなくソースがからまったら、器に盛り、バジルの葉を飾る。残ったソースは保存しておく。

    ---パスタのゆで方---
    1.鍋は、口が広くて深いものを選んで。鍋が小さいと、ゆでている間にパスタがくっつく。これは、マカロニやペンネなどのショートパスタの場合も同じ。4人分で湯1.5~2リットルを沸騰させ、塩大さじ2/3~1を加える。塩はパスタを引き締め、適度な塩味をつけるため。
    2.パスタの量は、1人分80~100gくらい。パスタを両手で立てて持ち、湯の上でかるくひねる。そのまま手を離すと、きれいな放射状になって鍋の中に広がる。きれいにいかなければ、すぐに箸でバラバラに広げて。タイマーは、袋の表示時間よりも1分短めにセット。余熱でほどよいゆでかげんになる。
    3.再び煮立ってきたら、パスタを手のひらで押さえて湯の中に沈める。かたまりにならないように、箸などでひと混ぜする。湯の中で、パスタがゆらゆらと躍るくらいの火加減に調節し、ふきこぼれそうになったら、差し水はせず、火を弱めて。ソースにゆで汁が必要な場合は、ここでとっておく。
    4.1本取り出し、指でつまんでみて、真ん中に針の細さくらいのしんが残っているのが、ほどよいゆでかげん(アルデンテ)。すぐにざるに上げてゆで汁をしっかりときり、そのままソースにからめる。ソースのでき上がりとタイミングを合わせてパスタをゆでるのが、おいしい食べ方。同時にできない場合は、パスタにサラダ油かバターをからめておくと、くっつかない。

    (1人分608kcal)

レシピ掲載日: 1996.9.17

SHARE

関連キーワード

レシピを探す

バジルを使った
その他のレシピ

注目のレシピ<PR>

人気レシピランキング

2021年01月27日現在

BOOK オレンジページの本

記事検索

SPECIAL TOPICS

オレンジページ 2/2号

最新号

2021年1月16日発売

詳細・購入はこちら

バックナンバー

Fujisan.co.jp 雑誌のオンライン書店で定期購読をする


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

オレンジページメンバーズ限定

応募期間 
1/26(火)~2/8(月)

オレンジページメンバーズ限定プレゼント

  • カルチャー
  • 暮らし

食材からレシピを探す