close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

いわしの梅煮

しょうがと酒を上手に使って、ご飯がすすむこっくり味に煮ました。

料理:

撮影: 榎本修

いわしの梅煮

材料 (4人分)

  • いわし(大〈約150g〉) 4尾
  • 梅干し(大・甘塩) 4個
  • しょうが 1/2かけ(皮つきで15g)
  • 貝割れ菜 1/2パック
  • 塩 適宜
  • 煮汁
  •  酒 1と1/4カップ
  •  しょうゆ 大さじ3
  •  みりん 大さじ3
  •  砂糖 大さじ3

熱量 297kcal(1人分)

下準備

     
  • 頭を切り落として、はらわたを取り除きます。切り口から、はらわたの部分に指を入れて引き出して。腹側を切って取り除くより煮上がりがきれい。わたや血を洗い流し、水けをきります。

  • いわしをざるに並べてボールの上に置き、両面にまんべんなく塩をふってペーパータオルで包みます。塩は、4尾で小さじ1/3が目安。5分ほどおき、水がしみ出てきたら、下ごしらえ完了。



作り方

  • しょうがは皮をむき、身は細めのせん切りに。皮はとっておきます。フライパンに煮汁の材料としょうがの皮を入れ、中火にかけます。煮立ったら、いわしを頭側と尾と交互に並べ入れます。

  • まわりに梅干し(塩分の多い梅干しを使うときは、水に5分ほど浸してから)を入れ、しょうがのせん切りを加えます。

  • 煮汁がいわし全体にいきわたるように、アルミホイルの落としぶたをして、弱めの中火で10~15分煮ます。落としぶたは、フライパンの口径よりも4~5cm小さい円形にし、中心に大きめの穴を3つくらいあけるのが、生臭さを逃がすコツ。

  • 煮汁が1/2量くらいになったら、落としぶたを取って、さらに2~3分煮ます。このとき、煮汁を煮つめながらフライパンを少し傾け、煮汁がむらなくまわってつやが出るように、スプーンで煮汁をいわしにすくいかけます。

  • しょうがの皮を除き、いわし、梅干しとしょうがを器に盛ります。残った煮汁を中火でひと煮し、いわしにかけます。添え野菜の貝割れ菜は、根を切り落とし、塩少々を加えた熱湯でさっとゆで、水にとって水けを絞って添えます。
    (1人分297kcal)

レシピ掲載日: 1995.3.2

SHARE

関連キーワード

レシピを探す

いわしを使った
その他のレシピ

注目のレシピ<PR>

人気レシピランキング

2021年10月19日現在

BOOK オレンジページの本

記事検索

SPECIAL TOPICS


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

食材からレシピを探す