レシピをさがす

  1. HOME
  2. オレンジページ☆デイリー
  3. 【編集Fのテキトーつまみ】プチプチコーンのくずしやっこ
オレンジページ☆デイリー

2019.7.27

【編集Fのテキトーつまみ】プチプチコーンのくずしやっこ

 

家飲み好き、ビール好きの編集Fです。

今年も、とうもろこしがおいしい時期がやってきましたね~。生のとうもろこしがスーパーに山と詰まれて、1本100円を切ってくると、なんだかウズウズしてしまいます。ああ、もっと食べとかなきゃ! もっとおいしい食べ方はないのか!

私のいちばんよくやる食べ方は【とうもろこしご飯】。米を炊くときに、そいだ生の身をのせるだけだから超カンタン。味つけに塩、酒、昆布茶をちょろっと入れるのが好きです。あとは、去年のこのコーナーでご紹介した【バターコーン】。こりゃもうド定番ですが、間違いないですよねー。

そして今年リピートしているのはこちら。【プチプチコーンのくずしやっこ】です。

くずし豆腐に、ザーサイやピータンなんかが刻んで入っている、中華の豆腐サラダをご存じでしょうか。あれをヒントに、フレッシュなコーンの粒をどっさり入れてみたのがこれ。コーンの甘いプチプチと、コリッとしたザーサイの塩け、ごま油の香ばしさ。全体としてはあっさり系のつまみですが、ミョーーにあとを引く味わいなんです。

【プチプチコーンのくずしやっこ】(テキトーレシピ)


とうもろこしをチンし、身をそぎ取る


くずした豆腐、粗塩を混ぜる


器に盛り、ザーサイ、ごま油をかける

 

まず、肝心なとうもろこしのゆで方。いつも私はせいろで蒸してたんですが、1本しか使わないとなると、それもちょっとめんどう。そこで、ここ数年で話題になっている【皮つきレンチン】を試してみました。とうもろこし1本(きょうのは300gくらい)を、薄い皮を1~2枚残した状態で、電子レンジ(600W)で4分チン!



あまーーーい! プチプチのフレッシュな粒感もいうことなし! 皮のおかげで身の水分が閉じ込められるので、ラップいらずで簡単。いいことづくめです。



手でさわれる程度にさめたら皮をむき、半分に切って身をそぎ取ります。なるべく身が残らないように、しんにそって包丁を当てて切ると、最後にしんが五角形に。身がつながってるのは、生を使う醍醐味なので、ほぐさなくていいですよ~。そいだ身は広げてしばらく置き、完全にさまします。



ボールに入れ、水けを拭いた豆腐1/2丁(150~200g)を加えてスプーンでよくくずします。ちなみに、このメニューの豆腐は、だんぜん絹がおすすめ! 木綿でも試してみましたが、豆腐がとろっと柔らかいほうが、とうもろこしのプチプチが際立つんです。そして、塩は粒の粗いものを2つまみほどぱらり。

ざっと混ぜ合わせたら器に盛り、ザーサイの細切り、ごま油を好きなだけトッピングして完成! 箸だとちょっと食べづらいので、1人分ずつ小鉢に盛りつけて、スプーンですくって食べるのがいいみたい。

この料理、冷やっことはいえいっぷう変わっているので、人が来るときの前菜に出すと珍しがられます。ただ、豆腐を水きりしないで使っているので、全部混ぜた状態でスタンバイしていると、どんどん水が出て味が薄まるという悲劇が……(涙)。とうもろこしと豆腐を別々に冷やしておいて、食べる前にサッと塩を混ぜて仕上げるのが正解です♪

 

 

プチプチコーンのくずしやっこの動画を作りました! ぜひスマホでみてね♪

   ↓↓↓↓↓

 

 

【編集Fのテキトーつまみ】
作り方も分量も「テキトー」でOKの超カンタンなおつまみをご紹介します。不定期でゆるっと更新中♪

撮影・文/編集部・藤井裕子

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ12/17号

オレンジページ12/17号

2019年12月2日発売

詳細・購入はこちら

2020オレンジページCooking冬

2020オレンジページCooking冬

2019年11月15日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康 Vol.13

おとなの健康 Vol.13

2019年11月14日発売

詳細・購入はこちら

ちぎりパン BY ORANGEPAGE 発売中

ジュニア料理選手権

おいしいにっぽんフェス

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!