close

レシピ検索 レシピ検索
オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

知らなかった!簡単すぎる「みかんが断然腐りにくくなる方法」

2024.01.29

家族みんなが大好きなみかん。旬の季節はまとめ買いをしている人も多いのでは。でも気づいたら皮にカビが生えていたり、しなしな&ぶよぶよになっていたり……なんてことありますよね。そこで今回は、みかんを長持ちさせる保存方法を紹介します!

保存のポイントは、「へたの部分を下にすること」

みかんを買ってきたら袋から出し、風通しのよいざるやかごの中へ入れて湿気を防止しましょう。最大のポイントは「へたの部分を下にして置く」こと! へた側の堅い皮が下になることで、重ねて入れても重さによる負担がかかりにくく、いたみを最小限に抑えることができます。

箱買いしたみかんは、へたを下にして並べ直す

箱買いしたみかんをそのまま保存しておくのは、いたみを早める原因に。みかんを一度箱からすべて出し、へたを下して並べ直しましょう。湿気がこもらないよう、新聞紙(なければ厚手のキッチンペーパー)を使うのがポイント。

【段ボールに保存する場合】

(1)段ボールの底に新聞紙を敷いて、みかんをへたを下にして並べる。全面に並べたら、その上に新聞紙をかぶせる。

(2)2段目も同じように並べる。重ねすぎると重みで下のみかんがいたんでしまうので、3段くらいまでに。重ね終えたら、ふたは閉めずに新聞紙でおおう。

食べ切れない場合は「冷凍みかん」にしても

「冷凍みかん」にしておけば、保存期間が長くなるだけでなく、氷の薄い膜が乾燥を防いでジューシーさを保つことができます。みかんは冷凍することで甘みが増すメリットも。いつもとは違うシャリシャリ食感が楽しめますよ♪


【冷凍みかんの作り方】

みかんをバットなどに置いてそのまま冷凍庫に入れて凍らせる。凍ったら一度取り出し、冷たい水につける。バットに戻して冷凍庫に入れ、再度凍らせる。
※冷凍用保存袋に入れて2ヵ月程度保存可能。

みずみずしくておいしい旬のみかん。正しく保存して最後までおいしさをキープしましょう!


教えてくれたのは……

泉谷 昇さん

セレクトショップ「愛媛の食卓」店主。愛媛県だけでも40 種類以上栽培されているかんきつ類の味の違いを楽しむため、「みかんソムリエ」の資格を考案。

亀崎智子さん

管理栄養士。野菜や果物の生産、流通、栄養や調理法などについての資格「野菜ソムリエ」を保有している。みかんにまつわる知識も豊富。


『オレンジページ』2019年1月17日号より

関連記事

みかんが簡単に甘くなる裏ワザ&甘いみかんを一発で見分ける方法、教えます!
捨てる前にちょっと待って!【みかんの皮】を使った簡単エコ掃除【家事ハック】

監修/泉谷 昇 亀崎智子 撮影/sono〈bean〉 文/太田順子

関連タグでほかの記事を見る

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
6/18~7/8

AURO by Boden ワックスシート/スプレープレゼント

  • #暮らし

Check!