レシピをさがす

  1. HOME
  2. オレンジページ☆デイリー
  3. 野﨑洋光さん直伝!【やせるみそ汁】でダイエット
オレンジページ☆デイリー

2019.3.13

野﨑洋光さん直伝!【やせるみそ汁】でダイエット

いつも「痩せたい」と意識はしていても、なかなか続かないのがダイエット。

普通の生活をしていると、家族と食事内容を変えたり、ふだん作らないレシピに挑戦するのは難しいですよね。

「ダイエットを無理せず継続しようと思ったら、やせるみそ汁〉がおすすめです」

そう語るのは、日本料理店「分とく山」の総料理長、野﨑洋光さん。よく食べて健康的に痩せる食事法で、50代からの減量に成功した経験を持つ、「大人のためのダイエット」の達人です。

毎日食卓にのぼるみそ汁は、何と言っても作るのが簡単だし、どんな具材も使える懐の深さがあります。また、発酵食品のみそで大豆のたんぱく質が効率よくとれる点も、秀逸だとか。 

そんな野﨑さんの提案する〈やせるみそ汁〉は、以下の3つの要素で構成されています。

(1)緑色の野菜
キャベツやかぶの葉、三つ葉、小松菜…など、緑色の野菜は、いずれもデトックス効果が高い食材。からだにたまった老廃物をすっきり排出★

(2)食物繊維豊富な低カロリー食材
海草、こんにゃく、きのこなどローカロリーな食材で、満腹感が長持ち!

(3)よくかむ&食べるのに時間がかかる食材
ごぼう、たけのこなどの「よくかむ」野菜で満腹中枢を早めに刺激。殻つきのあさりは食べるのに手間がかかり、早食い防止に。

これらの3つの要素を持つ食材を組み合わせた、野﨑さん考案の〈やせるみそ汁〉。数あるレシピの中から、とっても身近な「キャベツ=1の緑の野菜」「しめじ=2の低カロリー食材」「もやし=3のよくかむ食材」で作れる一杯を、ご紹介します♪

レシピはこちら

【キャベツともやしのみそ汁】

▼材料(作りやすい分量、2人分)

春キャベツの葉 2枚(約100g)
もやし 1/5袋(約40g)
しめじ 1/3パック(約30g)
煮干し 3尾
みそ 大さじ1強(約20g)

▼作り方

1.野菜と煮干しを準備

キャベツはしんを切り取って薄切りにし、葉は5cm四方に切る。しめじは石づきを切ってほぐす。もやしはできればひげ根を取る。煮干しは頭と内臓を取り除き、縦半分に裂く。

2.しめじともやしをゆでる

しめじを熱湯でさっとゆで、網じゃくしですくい、ざるに広げる。続けてもやしを入れ、煮立ってから10秒ゆで、ざるに上げる。

3.野菜を煮て、みそを溶く

鍋に水300mlと煮干し、キャベツ、しめじを入れて弱火にかける。煮立ってから2~3分煮て、キャベツが柔らかくなったらみそを溶き入れる。もやしを加えてさらに1分ほど煮て火を止める。

昔から「みそは医者いらず」といわれますが、野﨑さんの〈やせるみそ汁〉は、ダイエット効果も実感でき、さらに体にうれしい。いつもの食卓にプラス1杯。ぜひ始めてみてください!

料理/野﨑洋光 撮影/岡本真直 スタイリング/吉岡彰子 文/編集部・谷本
(『オレンジページCooking 2019春』より)

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ8/2号

オレンジページ8/2号

2019年7月17日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康 Vol.11

おとなの健康 Vol.11

2019年5月16日発売

詳細・購入はこちら

ちぎりパン BY ORANGEPAGE 発売中

ジュニア料理選手権

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!