レシピをさがす

  1. HOME
  2. レシピ検索
  3. 鶏肉
  4. 鶏もも肉
  5. タンドリーチキン

タンドリーチキン

スパイシーな香りが鼻をくすぐる大ぶりチキン。ヨーグルトに漬けることで、しっとり柔らかな食感に! 現地で味つけの手間いらずだから、アウトドアにも便利です。

料理:

撮影: 木村拓(東京料理写真)

タンドリーチキン
  • 熱量 230kcal(1/6量)
  • 塩分 0.8g(1/6量)

材料 (4~6人分)

  • 鶏もも肉(大) 2枚(約600ɡ)
  • ヨーグルトだれ
  •  にんにくのすりおろし 2かけ分
  •  プレーンヨーグルト 大さじ4 1/2
  •  トマトケチャップ 大さじ2
  •  カレー粉 小さじ2
  •  塩 小さじ1/2
  •  粗びき黒こしょう 少々
  • オリーブオイル

作り方

鶏肉は皮と身の間の黄色い余分な脂肪を取り除く。身の厚い部分に包丁を寝かせて切り目を入れ、全体の厚みを均一にする。
鶏肉は皮と身の間の黄色い余分な脂肪を取り除く。身の厚い部分に包丁を寝かせて切り目を入れ、全体の厚みを均一にする。
密閉できる保存袋にヨーグルトだれの材料を入れ、袋の上からよくもんで混ぜる。
密閉できる保存袋にヨーグルトだれの材料を入れ、袋の上からよくもんで混ぜる。
袋に鶏肉を加え、空気を抜いて口を閉じ、手で袋の上からかるくもみ、たれを全体にいきわたらせる。味がなじむ2時間後からが食べごろ。
袋に鶏肉を加え、空気を抜いて口を閉じ、手で袋の上からかるくもみ、たれを全体にいきわたらせる。味がなじむ2時間後からが食べごろ。
食べるときは、焼く20~30分前に室温に置く。直径26cmのフライパンにオリーブオイル大さじ1/2を中火で熱し、鶏肉を皮目を下にして入れ、3分ほど焼く。こんがりと焼き色がついたら上下を返し、ふたをして弱火で7分ほど蒸し焼きにする。
アウトドアにも便利なレシピです。その場合は保冷剤とともに保冷バッグなどに入れて持っていく。食べるときは、焼く20~30分前に常温に置く。鉄板にオリーブオイル適宜を熱し、鶏肉を皮目を下にして焼く。こんがりしたら裏返し、鉄板の端などの火の弱いところでじっくりと焼く。途中で竹串を刺し、肉汁が透明になればOK。わかりにくければ、キッチンばさみで肉を切って確認して。

レシピ掲載日:2014.4.17

関連キーワード

レシピを探す

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ12/2号

オレンジページ12/2号

2019年11月15日発売

詳細・購入はこちら

2020オレンジページCooking冬

2020オレンジページCooking冬

2019年11月15日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康 Vol.13

おとなの健康 Vol.13

2019年11月14日発売

詳細・購入はこちら

ちぎりパン BY ORANGEPAGE 発売中

ジュニア料理選手権

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!