close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

カルボナーラ

手早くぐるぐると混ぜてパスタにソースをよくからめるのがコツ。卵黄とチーズのこくがあとを引くおいしさ。

料理:

撮影: 今清水隆宏

カルボナーラ

材料 (2人分)

  • パスタ(スパゲッティーニ、1.6mm ) 160g
  • 卵 2個
  • 卵黄 2個分
  • ベーコン(あればかたまり) 120g
  • 粉チーズ(パルメザン) 50g(約大さじ7)
  • にんにく(大) 1かけ
  • オリーブオイル 大さじ1
  • 白ワイン 大さじ3
  • 粗びき黒こしょう
  • ※パスタは下記を参考にゆでる(ソースができ上がる前にゆで上がらないように注意)。

熱量 895kcal(1人分) 塩分 4.2g(1人分)

作り方

  • にんにくは半分に切って手のひらまたは、包丁の腹で押さえつけてつぶす。ベーコンは1cm角の拍子木切りにする(スライスのときは、幅1cmに切る)。フライパンにオリーブオイル大さじ1、にんにく、ベーコンを入れてから、弱火にかける。ベーコンがきつね色にカリッとなるまで炒めて脂を出す。

  • フライパンに白ワイン大さじ3、ゆで汁大さじ3~4を加えて、2~3分、2/3量くらいになるまで煮つめる。

  • ボールに卵、卵黄、粉チーズと、粗びき黒こしょう少々を入れ、菜箸で全体によく混ぜ合わせる。

  • フライパンにゆでたてのパスタを加えてよく混ぜ合わせ、火を止める。

  • 3を加え、卵が固まらないように素早く混ぜ合わせる。塩適宜で味をととのえ、器に盛り、粗びき黒こしょう適宜をふる。

    ---パスタのゆで方---

    1.鍋に3リットル(ショートパスタのときは2リットルでOK)の水を入れ、沸騰したら、塩30g(ショートパスタのときは20g、アンチョビーやあさりなど塩味の強い具のときは作り方の分量を参照)を入れる。
    2.パスタを入れる。端が焦げたりしないように急いで湯の中に沈める。鍋の縁にぐるりと広げるようにして入れると沈めやすい。
    3.鍋に入れたら、すぐかき混ぜる。かき混ぜることで、湯に沈みやすくなるし、パスタどうしがくっついてしまうことを避けられる。
    4.袋の表示の1分くらい前になったら1本取り出して、かんでみて。何回か堅さを確かめ、ちょっと堅いかなというくらいで引き上げる。
    5.パスタを引き上げる。ざるに上げてもよいが、そのときはゆで汁をおたま2~3杯分取り分けておくのを忘れずに。
    6.ショートパスタは、ロングパスタよりも余熱で柔らかくなりにくいので、気持ち長めにゆでてOK。ゆでかげんをみるとき、鍋から取り出し、そのまま口に入れると湯がすきまに入っていて、やけどすることが。まな板に取り出して切ってからにして。ファルファッレはひだの寄ったリボンの真ん中が火が通りにくいので、真ん中で切って、ゆでかげんを確かめます。

    (1人分895kcal、塩分4.2g)

レシピ掲載日: 1999.4.2

SHARE

関連キーワード

レシピを探す

卵を使った
その他のレシピ

注目のレシピ<PR>

人気レシピランキング

2021年04月20日現在

BOOK オレンジページの本

記事検索

SPECIAL TOPICS

オレンジページ 2021 5/2号

最新号

2021年4月16日発売

詳細・購入はこちら

バックナンバー

Fujisan.co.jp 雑誌のオンライン書店で定期購読をする


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

食材からレシピを探す