レシピをさがす

  1. HOME
  2. オレンジページ☆デイリー
  3. 『朝たんぱく質』のススメ! 不足分を補うちょいたしアイディアもご紹介
オレンジページ☆デイリー

2019.9.5

『朝たんぱく質』のススメ! 不足分を補うちょいたしアイディアもご紹介

目覚めが悪い、疲れが取れない、やる気が出ない……。

だからといって、朝何も食べずに過ごしていませんか?

 

女子栄養大学栄養クリニックの蒲池桂子先生によると、ダルさや食欲のなさを理由に朝食を抜くと、体内時計が整わず、無気力モードの負のスパイラルに陥ってしまうのだそう。

また、朝食を食べているという人でも、トーストとコーヒーのみなど『たんぱく質』がたりていないメニューだと、日中の活動に必要なエネルギーが体内の筋肉中のたんぱく質から使われてしまい、不調が起こりやすくなるのだそう。

そうだったのか……と落ち込む必要はありません。

裏を返せば、朝に肉、魚、卵、乳・乳製品、大豆などの『たんぱく質』を意識的にとるようにすれば、体スッキリ『やる気モード』に切り替わるということ。

 

さっそく明日の朝から実践してみましょう。

 

●不足しがちな『たんぱく質』を補う、ちょいたしアイディア5つをご紹介

一般的に、一日に必要なたんぱく質量の目安は、男性で60~80g、女性で50~70gといわれています。じつは、筆者も毎日おおよそのたんぱく質摂取量を計算しているのですが、きちんととりきるのはけっこう大変だなという印象があります。

 

そこで今回は、いつものメニューにたんぱく質をオンできる、ちょいたしアイディアを5つご紹介しちゃいます♪

 

(1)みそ汁に『すりごま』を

みそ汁1杯に対し、すりごま小さじ1をたせば、たんぱく質0.4gアップ!

風味も増すので、一石二鳥ですね!

 

(2)スープに『アーモンド』を

お好みのスープ1杯に5~6粒のアーモンドを粗く刻んでトッピングすれば、たんぱく質が1.2gアップ!

おしゃれすぎるメニューに、気分も上がっちゃいます♪

 

(3)目玉焼きに『粉チーズ』を

卵1個に対し、粉チーズ小さじ1をふりかければ、たんぱく質0.9gアップ!

相性のいい組み合わせに、朝からおなかが鳴ってしまいそうです。

 

(4)卵焼きに『じゃこ』を

卵3個に対して大さじ2のちりめんじゃこを混ぜて卵焼きを作れば、なんとたんぱく質4.1gもアップ!

朝食だけじゃなく、お酒のあてにもぴったりなメニューです。

 

(5)ヨーグルトに『きな粉』を

ヨーグルト150gに対し、きな粉小さじ2を加えれば、たんぱく質1.5gアップ!

はちみつを加えれば、もはやぜいたくなデザート!

 

どのアイディアも特別な材料を使っているわけではないので、毎日無理なく取り組めますよ!

 

目覚めがつらく、やる気が出ないというあなたに。『朝たんぱく質』のススメ、ぜひ実践してみて!

 

監修/蒲池桂子(女子栄養大学栄養クリニック) 料理/新谷友里江 写真/佐々木美果 文/編集部・持田

『オレンジページ』2019年9月17号より)

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ10/2号

オレンジページ10/2号

2019年9月17日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康 Vol.12

おとなの健康 Vol.12

2019年9月17日発売

詳細・購入はこちら

ちぎりパン BY ORANGEPAGE 発売中

ジュニア料理選手権

オレンジページ大感謝まつり2019

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!