レシピをさがす

  1. HOME
  2. レシピ検索
  3. 野菜
  4. ひよこ豆
  5. ホモス

ホモス

ひよこ豆の甘みと練りごまのこくが一体となったディップ。パンにつけたり、野菜につけたり。クリーミィな口当たりで、一度食べたら止まらなくなるおいしさです。

料理:

撮影:

ホモス

材料 (作りやすい分量)

  • ひよこ豆(乾燥) 150ɡ
  • にんにく 2~3かけ
  • レモン汁 1個分
  • タヒーニ(または白練りごま) 100ɡ
  • イタリアンパセリ 2枝
  • つけ合わせ
  •  好みのスティック野菜 適宜
  •  ピタパン(またはバゲットなど) 適宜
  • エキストラバージンオリーブオイル 大さじ2~3
  •  適宜
  • パプリカパウダー 適宜

作り方

ひよこ豆はかるく洗って水けをきる。厚手の鍋に入れ、たっぷりの水を注ぎ、半日おいてもどす。
【1】の鍋ににんにく1かけ、塩小さじ1を加えて中火にかけ、煮立ったら弱火にして豆が柔らかくなるまで(一粒取り出して、人さし指と親指でつまむと、かるくつぶれて薄皮がむける程度)ゆでる。豆と煮汁に分け、飾り用の豆適宜を取り分ける。煮汁はとっておく。
ミキサーに、にんにく1~2かけを粗く刻んで入れ、ひよこ豆、レモン汁、塩小さじ1/2を加えて1分ほど撹拌する。豆が砕けたら、煮汁大さじ2、タヒーニを少しずつ加えてクリーム状になるまでさらに撹拌する。堅いようなら、途中で煮汁適宜を加えて調整する。
器に盛り、スプーンで中央をくぼませる。くぼみにオリーブオイルを注ぎ、飾り用のひよこ豆を散らしてイタリアンパセリの葉適宜を摘んで散らし、パプリカパウダーをふる。2つに切ったピタパンと好みのスティック野菜、残りのイタリアンパセリを添える。

材料memo
「タヒーニ」
白ごまの外皮を取り除き、ペースト状にしたもの。中東料理では欠かせない調味料の一つ。

レシピ掲載日:2018.8.17

関連キーワード

レシピを探す

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ12/2号

オレンジページ12/2号

2018年11月16日発売

詳細・購入はこちら

2019オレンジページCooking冬

2019オレンジページCooking冬

2018年11月2日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康 Vol.9

おとなの健康 Vol.9

2018年10月16日発売

詳細・購入はこちら

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!

広告大賞発表

創刊33周年記念動画配信中!

第34回オレンジページ読者アンケート