レシピをさがす

  1. HOME
  2. オレンジページ☆デイリー
  3. 【偏愛! ガチ推しレシピ】なすのよごし
オレンジページ☆デイリー

2019.7.2

【偏愛! ガチ推しレシピ】なすのよごし

最新号の特集担当が、おのれの舌をしびれさせたレシピをガチで推す! その偏愛っぷりと共にぜひお試しを。

 

お口の中の「小さな旅」。なすのよごし

♪チャーララーララーララータララータラタラタラー♪
〜昭和生まれなら、誰しも郷愁を誘うであろうN●K日曜朝の名番組「小さな旅」。脳内再生BGMは、ぜひこれでお願いします〜

酒と旅をこよなく愛する食の編集者・ツレヅレハナコさん(「半月焼き」も大人気でしたよね)。
そんなツレハナさんが「まー間違いなく白飯(酒も)が進むレシピ、あるよ。死ぬほど地味だけど(ニヤッ)」と教えてくれたのが、こちら。何でも富山を旅した時に、現地のおかーさんが教えてくれた郷土料理なんだとか。

呑んじゃダメだ!呑んじゃダメだ!呑んじゃダメだ!(無理) 【なすのよごし】

ガチ推しポイント!

【その1】
簡単だけれど、ユニークな調理法。

「よごし」の一番のポイントは、なすを「ゆでてから炒める」こと。ちょっとひと手間と思う事なかれ。ゆでてから炒めることで、あら不思議。なすがぷるん! とした口当たりに変身。ゆでるおかげで炒め時間は大幅に短縮、でも味はきちんとなじむ。入社して●年、なすのみそ炒めは何度も紹介してきましたが、この調理法は初めて。さすが郷土料理、ある意味合理的&おばあちゃんの知恵袋的ポテンシャルを感じます。

【その2】
白飯のおかずとして最&高。そして懐が深い(いろんな意味で)。

柔らかななすに、しっかりとからむ濃厚なみそだれ、最後にごま油の香りがふわっ……。まーこれで、白飯に合わないワケがない。作り置きできるのもポイントで、冷めてもウマイ、次の日になると味がなじんでいっそうウマイ。ちなみにこのよごしは、なすだけじゃなく、しし唐や小松菜、大根の葉っぱなどで作ってもおいしいんだとか。実際に富山ではいろんな野菜をよごしにして、白飯の供として楽しむそうな。

 

そんな優秀すぎるレシピはこちら

【なすのよごし】

▼材料(作りやすい分量)

なす 5個(約400g)
〈みそだれ〉
 ┏ 赤唐辛子の小口切り 2本分
 ┣ 白すりごま 大さじ1
 ┣ 酒、みりん 各大さじ2
 ┗みそ 大さじ3
ごま油

▼作り方


なすはへたを切り、一口大の乱切りにする。熱湯で3分ほどゆで、水けをきる。たれの材料を混ぜる。フライパンにごま油大さじ1を中火で熱し、なすを30秒ほど炒める。たれを加え、全体にからめるよう炒める。       
(1/5量で89kcal、塩分1.3g)
※密閉容器に入れ、冷蔵で4日ほど保存OK。

 

どうです、このレシピの短さ、潔さ。作らずにはいられませんよねー。
この夏は「なすのよごし」で、小さな旅気分を味わってみませんか。

 

料理/ツレヅレハナコ 写真/福尾美雪 文/編集部・小栁

『オレンジページ』7/17号より)

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ11/2号

オレンジページ11/2号

2019年10月17日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康 Vol.12

おとなの健康 Vol.12

2019年9月17日発売

詳細・購入はこちら

ちぎりパン BY ORANGEPAGE 発売中

ジュニア料理選手権

オレンジページ大感謝まつり2019

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!