close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

自家製『煎り酒』

室町時代から続く調味料。主な材料は酒、梅干し、昆布、削り節の4つに少々の塩のみ。特別な材料がいらないので、気軽に作れます。

料理:

撮影: 大山裕平

自家製『煎り酒』

材料 (作りやすい分量・約200ml分)

  • 酒 2カップ
  • 梅干し(塩分17~18%) 5個(約75g)
  • 昆布 8g
  • 削り節 大1パック(約5g)
  • 塩 少々

作り方

  • 口径16~18cmの鍋に酒、昆布、削り節、塩を入れ、梅干しを大まかにちぎって種ごと加える。昆布が長ければ半分に切る。

    口径16~18cmの鍋に酒、昆布、削り節、塩を入れ、梅干しを大まかにちぎって種ごと加える。昆布が長ければ半分に切る。

  • 昆布が少し柔らかくなるまで、このまま15分ほどおく。

    昆布が少し柔らかくなるまで、このまま15分ほどおく。

  • 鍋を中火にかける。煮立ったら弱火~弱めの中火にし、ふつふつと沸いている状態にして、15分ほど煮つめる。途中アクが出たら、取り除く。

    鍋を中火にかける。煮立ったら弱火~弱めの中火にし、ふつふつと沸いている状態にして、15分ほど煮つめる。途中アクが出たら、取り除く。

  • 火を止め、そのまま完全にさます。

    火を止め、そのまま完全にさます。

  • 万能こし器に厚手のペーパータオルを敷き、ボールにこす。

    万能こし器に厚手のペーパータオルを敷き、ボールにこす。

  • ペーパータオルでだし殻を包み、菜箸で押さえてしっかり絞る。ガラスかホーロー製の保存容器に入れ、冷蔵で2週間ほど保存可能。

    ペーパータオルでだし殻を包み、菜箸で押さえてしっかり絞る。ガラスかホーロー製の保存容器に入れ、冷蔵で2週間ほど保存可能。

SHARE

関連キーワード

レシピを探す

梅干しを使った
その他のレシピ

注目のレシピ<PR>

人気レシピランキング

2022年12月09日現在

BOOK オレンジページの本

記事検索

SPECIAL TOPICS


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
11/22~12/14

【メンバーズ限定プレゼント】オレゴン産の大粒・生ブルーベリーのシロップ漬け

食材からレシピを探す