close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

鶏肉と卵のごまだれ冷し中華

液体の「きれがいい」片口ボウルの実力がもっとも発揮できるのは、卵焼き作り。卵液を数回に分けて注ぐときに液だれせず、薄く、均一に流し込めることでおいしさも見た目も格段にアップ。冷やし中華に欠かせない錦糸卵も、ふわふわ&しっとり食感に。

料理:

撮影: 髙杉 純

鶏肉と卵のごまだれ冷し中華

材料 (2人分)

  • 中華生麺 2玉
  • 卵 2個
  • 鶏胸肉 大1枚(約250g)
  • しょうが 1かけ
  • ごまだれ
  •  白練りごま 大さじ3
  •  砂糖 小さじ1
  •  ごま油 大さじ1
  •  酢 大さじ3
  •  しょうゆ 大さじ4
  •  ラー油 小さじ1/2
  •  こしょう 少々
  • パクチー 2束
  • 酒 塩 ごま油

熱量 672kcal(1人分) 塩分 3.6g(1人分)

作り方

  • 鶏肉は余分な脂を取り除く。しょうがは皮をむき(皮はとっておく)、すりおろす。

  • 小鍋に水2カップを入れ、酒大さじ1、塩小さじ1/2、しょうがの皮を加えて中火にかける。煮立ったら皮目を下にして鶏肉を入れ、再び煮立ったら裏返して弱火にし、1分ほどゆでる。火を止めてふたをし、そのままおいてさます(途中2~3回返すと表面が乾かずに、しっとりと仕上がる)。

  • 片口ボウルに卵を割り入れ、塩少々を加えて溶きほぐす。卵焼き器にごま油少々を中火で熱し、卵液の1/3量を全体に薄く、均一に行き渡るように流し入れる。弱めの中火にし、縁が乾いてきたら裏返してさっと焼き、ざるなどに取って粗熱をとる。残り2枚も同様にする。

  • ボールにごまだれの白練りごまを入れ、砂糖を加えて混ぜる。②のゆで汁大さじ2を加えて溶きのばしてから、しょうがのすりおろしと、残りのごまだれの材料を順に加え、そのつどなめらかになるまで混ぜ合わせる。

  • ⓶の鶏肉は汁けをきり(ゆで汁は「酸辣湯」に使っても)、幅6~7㎜に切る。➂の卵は1枚ずつ、横長に置いて、手前から向こう側へくるくると巻いてから、端から細切りにする。残りも同様にする。パクチーはざく切りにする。

  • 鍋にたっぷりの湯を沸かして麺をほぐし入れ、袋の表示どおりにゆでる。ざるに上げて流水で手早くもみ洗いし、水けをよくきる。器に盛って⑤をのせ、ごまだれをかけていただく。

細く均一に注げて液だれしない「片口ボウル」が活躍するレシピ


シャープな注ぎ口で液体のきれがいい!「片口ボウル」

鶏肉と卵のごまだれ冷し中華 ふわふわ卵の酸辣湯 にんじんドレッシングのカルパッチョ風サラダ 卵焼き 片口ボウル300ml

卵液や合わせだれなどの液体が縁からたれず、「きれいにきれる!」と料理家の間でもファンの多い片口のボール。丈夫で衛生面も安心のステンレス製。他サイズとスタッキングできて、収納しやすいのもうれしい! 金物の名産地、新潟県・燕三条地域の職人が作る逸品です。

「片口ボウル」はこちら

レシピ掲載日: 2022.6.2

SHARE

関連キーワード

レシピを探す

鶏むね肉を使った
その他のレシピ

注目のレシピ<PR>

人気レシピランキング

2022年08月17日現在

BOOK オレンジページの本

記事検索

SPECIAL TOPICS


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
08/16~09/05

【メンバーズ限定プレゼント】高保湿力がうれしい、フェイス&ボディローション

食材からレシピを探す