close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

鶏肉の小悪魔風

ディアブロ(悪魔風)と呼ばれるイタリアの鶏肉料理は、おつまみの定番。キングパンで焼くと、皮はパリパリ、身はしっとり仕上がって、腕があがったかのような出来栄えに! ほくほくの焼きにんにくも絶品です。

料理:

撮影: 髙杉 純

鶏肉の小悪魔風

材料 (1人分)

  • 鶏もも肉 大 1/2枚(約 150g)
  • A
  •   オリーブオイル 大さじ 1
  •   白ワイン 小さじ 2
  •   塩 小さじ 1/5
  •   こしょう 少々
  •   ローズマリー 1/2枝
    • にんにく 3~4かけ
    • オリーブオイル 少々

熱量 456kcal(1人分) 塩分 1.5g(1人分)

作り方

  • 鶏肉は余分な脂を取り除く。皮目を下にして置き、身に1cm間隔で浅い切り込みを入れる。

  • チャックつきのポリ袋にAの材料を入れて鶏肉を加え、袋の外から手でかるくもむ。ローズマリーを加えてチャックを閉じ、途中袋ごと上下を返しながら冷蔵庫に1時間ほどおく。

  • にんにくは皮つきのままラップで包み、電子レンジ(600W)で 40秒加熱し、皮をむく。

  • キングパンにオリーブオイルを薄くひいて中火にかける。薄くけむりが立ってきたら、皮目を下にして 鶏肉を入れ、上から押しつけながら(アルミホイルをのせ、キングパンの口径と同じくらいの小鍋の底で押すとよい)、こんがりとするまで 2~3分焼く。

    キングパンにオリーブオイルを薄くひいて中火にかける。薄くけむりが立ってきたら、皮目を下にして 鶏肉を入れ、上から押しつけながら(アルミホイルをのせ、キングパンの口径と同じくらいの小鍋の底で押すとよい)、こんがりとするまで 2~3分焼く。

  • 鶏肉を裏返して弱めの中火にし、3分ほど焼く。 同時に、あいたところににんにく 、ローズマリー枝を入れ、焼き色をつける。

「キングパン・18cm」のおすすめレシピ


プロの信頼も厚い、厨房用品メーカーの鉄製フライパン「キングパン・18cm」

鶏肉の小悪魔風 焼き菜の花 ハッシュドポテト 目玉焼き フレンチトースト

熱伝導性のよい鉄は、肉や魚を絶妙に焼き上げ、目玉焼きや野菜のシンプルなソテーも驚くほどおいしく仕上がります。業務用厨房用品メーカーの鉄製フライパンなので、頑丈で強火でガンガン使えて、5年先、10年先まで使いつづけられる耐久性のよさも自慢。この小さめサイズは、1~2人分のおかずやおつまみ作りにぴったり。そのまま食卓に出しても素敵です。

キングパン・18cmはこちら

レシピ掲載日: 2022.3.17

SHARE

関連キーワード

レシピを探す

鶏もも肉を使った
その他のレシピ

注目のレシピ<PR>

人気レシピランキング

2022年05月16日現在

BOOK オレンジページの本

記事検索

SPECIAL TOPICS


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 

うるおいをチャージしてくれるミストをプレゼント

食材からレシピを探す